雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶テレビを奪われる

cut485.jpg

saiで描きました。指タッチ認識は描くとき切っとかないと、線引き終ってペンを画面から離したとき、残った手の側面を指クリックしたときと勘違いして、マウスの影(指クリックのときに左右クリックを選択する機能)が出てくる。タスクバーですぐ切り替えできますが、指タッチ認識の特定プログラム時切り替え機能が必要ですねー。


saiはgifの保存がききませんね。

さて四国赴任にあわせて車にETCを導入したり、マイレージにも加入したりしてます。一方、自分の身辺整理もかなり進んできまして、あとは本棚いっぱいの資料本と若干の衣料品の取捨選択というところ。部屋ががらんとしてきました。

私が赴任するのは地デジが入らない地域だから、買ったばかりの液晶テレビはもったいないけど置いていくしかないね、40インチあっても放送波がNHKとNHK教育含めて4チャンネル分じゃね、と家族に言うと、少し嬉しそうにしてたのがしゃくに障りましたが、行くのは事実だからしょうがない話です。親孝行のつもりでくれてやる、そういうつもりでした。両親はこのどうしようもない私をここまで我慢して育ててくれた、その恩に報いることをたいしてしていないんだから、テレビくらいはね。

すると、土曜日に通販で巨大な荷物が届きまして。普通、本や家電の通販で考えにくいサイズでものすごく巨大、ソファーベッドか冷蔵庫でも送ったのかと思いました。そしたら、愚弟が出てきて、自分のだという。

で、これは何事であるか、と愚弟を問い詰めると、SONYのホームシアターシステム定価10万円でございます、来た。と、でっかいスピーカーが大小5つもある。
マルメン「何を聞く気かしらないが耳の穴は人間に2つしかついていないのに、なぜスピーカーが5つも必要なんだ?」
愚弟「…」
愚弟は身辺整理を続ける私を無視して、私の部屋に勝手に入って機材の設置を始めてます。定価10万円だぞ?お前担がれてるんじゃないのか?俺、普段iPod使ってるくらいだから、わかるよお前。iPodだよ、お前。iPod。

愚弟はとにかく違うから、といいながら天井にホッチキスで手際よく配線していきます。音響マニアが嬉しそうに「これは違うから」と言ってるときくらい信用できないものはありませんよ。
以前ノイズキャンセリング機能のついたウォークマンを買った友人が嬉しそうで、がやがやする電車の中で聞かせてもらって。「そらいくぞ、そら」とおもむろにスイッチ入れて、私は「??」なんですよ。だってたいして変化に気づかないから。
「ほらな、ぜんぜん違うだろ」と言われて、「え?」と言ったときになんか申し訳ないような気がして。ウソつくのもあれだし正直にイヤホンから聞こえる音になんの変化もないって言ったら、友人「もういいよ」って残念顔だったわけですよ。「この差がわからんとは」みたいな。

でもさ、本当にたいして変化感じないわけで、それでもって私の耳が味オンチみたいなこと言われてもさ。困るっていうか。…ていうかさ、担がれてるんじゃないのか? アンプの音質とかレンズの画質とかいうのって、そういうのが分かるひとにしかわかんないじゃん。裸の王様みたいな商売で、実に旨味の多い商品なんじゃないのか?(100万円アンプ

私は技術の進歩は積極的に認めますけど、自然食品、健康食品は嫌いだし、プラチナシャワーとかクロサギが嫌いです。お金がいっぱいあるなら好きにすればいいんだけどね。しかしそうなると田舎の町おこしに共感できなくなっちゃうから、すこし改めていこうと思ってます。


で、そうこうしてるうちに愚弟のホームシアターセットのセッティングが終わる。
P1000553.jpg


うーん写真で撮ってみると小さいですが…
結構大きなテレビなんですけどね。ちなみに、写真撮った私の背面に2つ、さらに同じ形のスピーカーがあります。それから、一番巨大な低音用のスピーカーが、薄型テレビのうしろにこっそり隠れてます。
P1000557.jpg


あと、それにもましてでっけえなと思ったのが、愚弟が同時に買ったXBOX360のACアダプタですよ。ばかじゃねえの、マイクロソフト。

で、愚弟は組み上げたホームシアターにXBOX360を接続し、私がいるのにフレンドとボイスチャットしながらネットゲームをしはじめます。なんとかいう、2人タッグで助け合って進んでいく戦争ゲーム。ボーイズツーメン? しかし頭おかしいですよ、ここまで音響のセッティングしといて、結局ヘッドセットですよ…。もう、アホかと。

でもさすがホームシアターセットでして、銃撃音が四方八方からするし、部屋がさながら戦場です。腹に響くんですね。とりあえず、そこからtx2005を持って逃げ、あたまの絵を描きました。

tx2005ついに到着!

cut463.jpg


50日待ちました。1年の7分の1もやきもきしていたのか・・・

ずいぶん長いこと待たされましたが、ようやく届きましたタブレットPC。
最近の買い物で、こんな長いこと待ったのは久しぶりなのでビックリです。
こんな日に限って帰れなくなりそうな空気が職場で発生していたので、
とりあえず仕事を後輩に丸投げして、逃げるように帰ってきた。良くできた後輩に見逃してもらいました。

cut464.jpg

開封。

天板の保護シートに死ぬほど気泡が入ってましたが、これは外すものでした。
やー、なんかすでに愛着が湧いてきてます。これよりセッティングにはいりますが
この時点で既に10時30分回ってます。

cut465.jpg


一番ワクワクする瞬間なんですが、そろそろ時間切れ。しかも、
明日から送別会の連チャンで自分が主役だし行かなきゃいけない…
くぅー、面倒。一日触っていたいのに~!!

身辺整理

cut480.gif

身辺整理って言うか引っ越し準備。なにぶん生地と違うところでの生活は初めてのことなので、いろんな意味で実に新鮮です。

四国赴任の日は着実に迫ってきていますので、それなりの準備をしています。
ある程度は宅急便で送ろうと思って、向こうに着いてからの必需品である布団や炊飯器、フライパン、食器など、揃えた物を送る段取りを開始。それで梱包ですが、食べ物以外は通販中心の買い物スタイルですので、amazonって書いた段ボールが山ほどある・・・と思いきや、結局本とかしか買ってないから底面広いけど薄い段ボールばかりでした。たくさん梱包できる手頃な段ボールって、思ったより手に入りません。とりわけ今梱包できないけど最大の荷である、デスクトップPCを入れる箱がないので、結局ホームセンターで買ってきました。

手元にあるマンガの資料を、全て送る、というわけにも行かないのでどうしようかと思ってます。こういった資料は手元にあってすぐ使える状態、が望ましいんだけど、いつ使うかは本当にわからず、暇だから手に取ったモノに面白い答えがあったりする。すべてばらしてPDFとかにしておくと良いのかもしれないけど、そうなると逆に探せなくなってしまうような気がします。頭には? ・・・入り切りませんw


しかしこの期に及んで、タブレットPCのtx2005がまだ届かないのが歯がゆいですよ。壮行会が増えてくるから、シラフで触れる時間はかなり少なくなってきますし・・・設定とか、結構一日使うじゃないですか。
こいつを徹底的に使いまくるための周辺機器、マウスとか、ブルートゥースのヘッドホンとか、いろいろ買って用意してるのになー。



そんなこんなで、一人暮らしの住居というのを、意外な形で手に入れる形になりました。

実はこれまで、それほど都心部にいるわけでもないの通勤が片道2時間かかっていた私は、より多くの自由時間を求めて、職場近辺の物件をいろいろ探していたんですよ。いまとなってはそれも無駄になってしまいましたが、当時としては、生活レベルを一段階落とすことになっても、やっぱり自由時間には代え難かったです。それで一昨年、職場の友人から「部屋借りないか」と声がかかりまして。私は世間的に信頼のある職業についてますから、私みたいな手堅い借り主が不動産屋さん通じずに、しかもすぐに、借りてくれるならそれに越したことはなかったらしい。

友人が知人から紹介されたその物件は築20年で3K、月55000円。職場にほど近く、必要ないくらい広いですが、自分の生活にどのくらい広さが必要か、正直分からないところもあった。すぐ借りられたんですが、その話が来た時点で堅実に国債買ったりしてたんで無理だった。

それで去年、生活に余裕と張りが出て来たところで、借りようとしてたんですよ。そのころ、サイトにも一人暮らし秒読みだって書いた。浮かれてましたね。ところが、1年経つと状況が変ってて、なんでも大家さんが遺産相続でもめ始めたらしく、ややこしい物件になってしまったらしい。残念ながら借りられず、また同等の条件の物件もなかったので、一人暮らしは諦めることにした。


それが私の四国行きが決まってすぐ、大家さんのほうから「あの話、どうなった?」的な問い合わせが友人に入ったらしくて、相続のもめ事は解決したらしいですが、いやはやなんとも、スマートに行かないモノです。

縁がないってのはこういう状況なのかもしれませんね?

僕らはみんな生きている

cut462.jpg

恥をかいた経験が、さっそく今日活きました。


春っぽい陽気になってきましたね。
今日仕事してると、普段はゴボウみたいな色のセーターを着ている隣の課の同期の女の子が、春らしい若草色のカーディガンを着ていたので、ちょっと誉めてみたところ、知識の足りないことを言っていたのでたしなめておきました。

そもそも、ウグイスというのはすごく警戒心の強い鳥なので、人の目に触れてそのまま見られていることは、まあ無いのです。とりわけ、梅の木で蜜を吸っている鳥「メジロ」はよくウグイスと混同されます。

ウグイスは綺麗な声で鳴く鳥なので、やはり美しい姿を想像されてしまいます。が、実際には藪の中で虫などを食べている、地味な、ゴボウみたいな色をしたダサい鳥なのです。土に埋まっていればいいと思う。ところが、人々がウグイスのその鳴き声に憧れるあまり、美しい若草色の姿で花の蜜や果実を好むメジロこそがウグイスであると、思われることになってしまったわけですね。

まして、ウグイスの「ホーホケキョ」という綺麗な鳴き声も、実際には縄張りを示すための警戒音という性質を持っています。だから、メジロと混同されたあげくかってに春の歌声がどうのこうのと言われるウグイスこそ、いい面の皮だと思ってしまいます。


私はこの女の子をはじめ、同期の皆さんに四国へ行くことを引き受けたと知られると、みんな意外な顔をして、その理由を聞いてきます。私は「自然」とかなんとか適当に答えてますが、表面しか見せていない、というより社会的に言って見せられない人たちには、私の本当の理由は言えません。
おそらく、みんな自分の尺度で私の立場に自分を投影し、そして自分が私の立場にならなかったことで、守れたモノと得られなかったモノを損得勘定するんだと思います。

この女の子は、「悲しむ人はいないんですか?」と聞いてきて、私は即座に「悲しんでくれますか?」と対応してお茶を濁しました。ホント、表面ばっかり取り繕うのが上手くなりました。当面、私は周囲の願望の中にあるマルメンライトに、実際のマルメンライトを合わせていくような、不毛な作業に埋没することになりそうですが、実際にはゴボウみたいな奴なのでどうにも不可解です。

梅にウグイス…?

cut456.jpg

庭の梅の木に来ていた小鳥のこと。

まだまだ寒い日もありますが、今年もマルメンライトの家では梅が見事に咲きました。この時期の風物詩です。毎年、花の色をみながら春の訪れを待ち望むことに喜びを感じます。ところでこの梅の木、我が家では長いこと「カエデである」と言われてました。小学校入学の記念樹で、「カエデ」っていう札がかかってたらしいんですよ。


さて、その日は上司が定年退職を迎えるので送別会。ちなみに私も遠く離れた四国へ赴任で、旅立ちの会を一緒にやることになり、デジカメを持って仕事に行こうとした。すると早朝の空気の中、梅の木の蜜を吸いに来た小鳥を発見しました。

小鳥は小さく鳴きながら、枝から枝へと飛び移って、花を突っついている。
花の蜜を吸う鳥。美しい梅の花。

なかな幻想的で(?)美しい光景だと思いました。


「うわー、ウグイスだぁ!」

cut457.jpg


私は一応20万人の人口がある、そこそこの都会の街に生まれそだちました。

どちらかというと山や川や公園で遊ぶと言うよりは、現代っ子らしく家でテレビゲームや読書が好きなインドア派。ましてやマンガなんて描いている奇天烈人間です。部屋の外にたいして興味がなかったし、意味はたいして無いと思っていた。外へ何かを探索しに行く代わりに、深く思索をめぐらし、想像の翼を広げることは、出来るんじゃないか? 

それがどうしたことか、すごい山奥の町で、自然に抱かれて1年過ごすことになりました。この土地を離れる… だからこそかもしれないけど、いま一時的に自分のアンテナの感度が上がってて、見過ごしてきたものをなにかしら見つけようとしているんだと思うのです。


マルメン「…だと思うんですよ。見過ごしてきたものをね」

…で。
送別会では、倒置法まで用いてだいたいそういうことを言いまして、それなりに拍手が来ましたよ。
そこで、ほら、デジカメだと液晶ついててその場で見られるじゃないですか。
それで、朝撮った梅のウグイスを見せたわけです。私の感受性をアピールしないとね?

……




cut459.jpg


上司「マルメン君、これ“メジロ”やで」
マルメン「は?」

なんすか、その“メジロ”って?
この綺麗な小鳥が…? そんなわけないじゃないですか。
そんなサカナみたいな名前。
私の感受性をバカにしないで下さいよ、そんなわけわからんサカナかなんかと、梅の木に止まり、花の蜜を吸う美しい小鳥を、取り違えるわけ無いじゃないですか。

上司「見てみ、眼の周りが白いやろ。だからメジロ。ウグイスちゃうよ」
マルメン「…はあ!?」

この小鳥の色をもっと良く見てくださいよ、眼の周りとかじゃなく!
ウグイス色じゃないですか、まさに。あなただって、ウグイス餡のお饅頭とか食べたことあるでしょ!! そんなパンもあるし、ウグイスモナカとか食べたことあるだろ!

それにほら、あるじゃないですか、花札!
梅のタネ札にウグイスがおるでしょうに!
cut460.jpg

「菖蒲に八つ橋」、「菊に杯」、「萩に猪」、「紅葉に鹿」!でしょ!?

cut461.jpg


そして「梅にウグイス」! そうでしょ!?
ほら、よく見てごらんなさいよ!!


なのに上司と来たら、私を世間知らずと決めつけて、
この程度の自然知識で四国の山奥に赴任だなんて、
笑いものにならないか心配だ、とか言う。


私はなんかもう、パニックになってきて。
意味わかんねー。なんでこれをメジロだと?
これ、絶対ウグイスだよ、なんでメジロみたいなことあるんだよ!?

眼の周りが白いから“メジロ”だってのに、
ウグイス色をしてるのに“ウグイス”じゃないなんて、
そんなのおかしいじゃないですか!!
論理的に矛盾してるだろ!!



ま、色についてもいろんなことがあるわけですよ。だから「色々」って
いうんです。
詳しくはウィキペディアでも見てください。

話は以上です。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。