雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイトォ…

cut120.jpg

粗塗り後。予定より遅れてますが、とにかくサッカー勝ったんで酒飲んで寝ます。松井、ありがとう!柳沢がまたヘナギサワかと思ったら、ツナギサワになりましたね。折り返しのヘッド、ライン割ってなかったかな?

・「科学」というものそのものが、相当胡散臭いものであることを前提に、カルト的な話にやれアインシュタインだダーウィンだと「科学風味」を付けられると相当ムカつくときがあります。オカルトでなくてカルトです。否定的な証拠や理論は一切無視する感じの…。特にあんま信頼してないマンガ家の。あれは「オメガトライブ」だったかなぁ?人間はもう一つ進化して、最後の種族「オメガトライブ」になるんだ、とかで、独善的な進化論が展開されてて醜悪でした。進化論自体が独善的であることはともかくとして、なんだろうか、気に入らないと言うか、多分理論が美しくないんだ。謙虚さがないんだ。逆に士郎正宗には傾倒してるようなとこもあります。

・私としては、「(人間や世界は)どこから来て、どこへ行くのか」という問いかけのうち、実に前者にのみ興味があります。こう、環境問題や資源問題やら少子高齢化社会やらで行き詰ってゆく社会も認識できますが、それらの不安を解決するためにどうするか、人間はどう変わっていけばいいのか、というようなことにはさして興味を持てないし、言うべき言葉を持っていません。そんな難しいことは、私みたいな貧乏人には分からないのですよ。

・それより、できるだけ現状を変えずに、今あるものの知られてなかった良いところを発見したりして、ちょっと安心したり納得したりしたいのですよ。それに飽きるまでは。



・マンガというのは本当に面白いな、と思います。映画とかアニメは、映画なら2時間、アニメなら30分と、たとえ好きであってもその時間だけ拘束されてしまいます。最近、耐えられなくてね。では文章だけならどうか、というと、登場人物や話のスジに関して想像力を働かせるところが多いので、長くなってくると分かんなくなるんですよね。

・まあ、正直それくらいしか利点を考察できないような頭の悪さが露呈されるような文章でしたが…


・皇族が結婚されたそうで。最近、戦時中に東条英機が作ったと言う「戦陣訓」というのを読んだんですが「必勝の信念」とか「それ皇軍兵士は純情の孝子なり」とか、多分当時としても相当イタかっただろうことが予想される文章でした。それからすると当時、「皇族」というのはまさに神のごとく尊敬されてたんだなぁ、と思います。

・で、あの花嫁のドレスなんですけども、あれはなんでも「ルパン三世 カリオストロの城」の結婚式のドレスらしいです。公式の場を借りて、皇族がコスプレしとるわけですよ。ヤツはとんでもないものを盗んでいきました、それはあなたの心です!

・なんでもサーヤ(清子さま)は学習院大学時代はオタクであらせられたそうで、「サムライトルーパー」の同人誌を買い集めただなんだと。そんなこといってるヤツは不敬罪ものですね。「貴腐人」と言う言葉が流行るか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/89-95e9b41a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。