雑記

親愛なる○○に捧げる

電車で読む本

cut101.jpg

5話より。第5話製作にすごーく時間がかかっていて、まあまあ苦労も少しは楽しまないと、とのんびりやっています。一方、毎週日曜更新の名残か、なんか更新しないといけないような義務感にも追われていて、ホントたまにでも来てくれる人をガッカリさせてはいかんと。
それでいま「ラクガキ王国」にはまってる愚弟に、「ポリゴンシエスタを作ってくれ」と頼んだりして、にべもなく断られたりしています。


通勤に2時間かかるんで、音楽聞いたり小説を読んだりしている。それで最近は「茨の城」という上下巻の長い本を読んでいて、これは19世紀ロンドンで、貧民街のスリ少女が仲間の詐欺師とグルになり、古城にすむ令嬢を結婚詐欺にかけて遺産をいただく計画の手伝いをする、と言うお話。「エマ」という漫画が好きなので。なんでもサラ・ウォーターズとか言う作家で、「イギリスNO・1」の触れ込みに釣られて買った。


それで上巻の途中まで読んで、主人公のスウがメイドに化けて、モードお嬢さんに取り入る、というところで・・・

以下ネタバレ(反転)



なんとお嬢さんとスウがレズりよるんです!

うわー!うわー!!超ガッカリ。そういう属性無いんだよー
イギリスNO・1ミステリーでこんな同人誌みたいなの、やめてくれよー



以上。

でも買った以上は絶対最後まで読むんですよね。だからあんまり買わないんだけど。むかし、「皇国の守護者」1~9巻、要塞戦あたり以降急速に面白くなくなったけど、それでも最後まで読みました。でも本当、「茨の城」はまだまだ上巻の半ばなんで、この先どうなるのかちょっと楽しみではあります。 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/74-09ec2fba