雑記

親愛なる○○に捧げる

「強い」は「硬い」と相容れない

cut052.jpg

描いてる時はマジでこのバランス崩れに気づかない。

シエスタが専攻する「鉄」について、面白おかしく語るシーンに四苦八苦している。実は当初のネーム上では、地表上の鉄鉱石がどうやって出来たかについて、シエスタが説明するのであるが…

『・・・46億年前、地球誕生時、「原初の海」に鉄イオンが大量に溶け込んでいた。その後、海中にシアノバクテリアが生まれ、酸素を発生させ始める。この酸素が、海中の鉄イオンと反応して酸化鉄を作る。酸化鉄は沈殿し、「鉄鉱床」が形成された。やがて地表が隆起し、地表上に鉄鉱石が存在するようになった』

ところで「イオン」という考えは当時あったのかどうか?ちょっと困ってる。たぶん、発見されてないだろう。だいたい、30年ほど前の生物の教科書は地球誕生を「37億年前」とか書いてるしね…知識無き時代のことを、知識ある時代から描くのは難しいんだなぁ。

それを言うと、「血が赤いのは鉄が含まれてるから」というのは1925年にケイリンという学者が発見したと後から知って、ちょっとがっかりしてる…(『M74』は1874年)
科学より科学史が好きで、マンガも「歴史・時代」で登録されてるのに、残念。判明したことについてはできるだけ割愛します。もう描いてしまったものや、それ以外はもうそのまま行くしか。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/49-a147fd83