雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身辺整理

cut480.gif

身辺整理って言うか引っ越し準備。なにぶん生地と違うところでの生活は初めてのことなので、いろんな意味で実に新鮮です。

四国赴任の日は着実に迫ってきていますので、それなりの準備をしています。
ある程度は宅急便で送ろうと思って、向こうに着いてからの必需品である布団や炊飯器、フライパン、食器など、揃えた物を送る段取りを開始。それで梱包ですが、食べ物以外は通販中心の買い物スタイルですので、amazonって書いた段ボールが山ほどある・・・と思いきや、結局本とかしか買ってないから底面広いけど薄い段ボールばかりでした。たくさん梱包できる手頃な段ボールって、思ったより手に入りません。とりわけ今梱包できないけど最大の荷である、デスクトップPCを入れる箱がないので、結局ホームセンターで買ってきました。

手元にあるマンガの資料を、全て送る、というわけにも行かないのでどうしようかと思ってます。こういった資料は手元にあってすぐ使える状態、が望ましいんだけど、いつ使うかは本当にわからず、暇だから手に取ったモノに面白い答えがあったりする。すべてばらしてPDFとかにしておくと良いのかもしれないけど、そうなると逆に探せなくなってしまうような気がします。頭には? ・・・入り切りませんw


しかしこの期に及んで、タブレットPCのtx2005がまだ届かないのが歯がゆいですよ。壮行会が増えてくるから、シラフで触れる時間はかなり少なくなってきますし・・・設定とか、結構一日使うじゃないですか。
こいつを徹底的に使いまくるための周辺機器、マウスとか、ブルートゥースのヘッドホンとか、いろいろ買って用意してるのになー。



そんなこんなで、一人暮らしの住居というのを、意外な形で手に入れる形になりました。

実はこれまで、それほど都心部にいるわけでもないの通勤が片道2時間かかっていた私は、より多くの自由時間を求めて、職場近辺の物件をいろいろ探していたんですよ。いまとなってはそれも無駄になってしまいましたが、当時としては、生活レベルを一段階落とすことになっても、やっぱり自由時間には代え難かったです。それで一昨年、職場の友人から「部屋借りないか」と声がかかりまして。私は世間的に信頼のある職業についてますから、私みたいな手堅い借り主が不動産屋さん通じずに、しかもすぐに、借りてくれるならそれに越したことはなかったらしい。

友人が知人から紹介されたその物件は築20年で3K、月55000円。職場にほど近く、必要ないくらい広いですが、自分の生活にどのくらい広さが必要か、正直分からないところもあった。すぐ借りられたんですが、その話が来た時点で堅実に国債買ったりしてたんで無理だった。

それで去年、生活に余裕と張りが出て来たところで、借りようとしてたんですよ。そのころ、サイトにも一人暮らし秒読みだって書いた。浮かれてましたね。ところが、1年経つと状況が変ってて、なんでも大家さんが遺産相続でもめ始めたらしく、ややこしい物件になってしまったらしい。残念ながら借りられず、また同等の条件の物件もなかったので、一人暮らしは諦めることにした。


それが私の四国行きが決まってすぐ、大家さんのほうから「あの話、どうなった?」的な問い合わせが友人に入ったらしくて、相続のもめ事は解決したらしいですが、いやはやなんとも、スマートに行かないモノです。

縁がないってのはこういう状況なのかもしれませんね?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。