雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人事異動の自己申告書もって、右往左往した話

cut434.gif

「きりが無い…」
「私たちは企業よ!安ければ買い、高ければ売る。それだけ!」


サブリナがゼロから市場を立ち上げる物語を考えようと思ったんだけど、上手くまとまってません。市場から遠いところに身をおいてますから、作者。まああきらめすにもうちょっと頑張ります。私もいずれ老化して、ネタの方を思いつかなくなってくるだろうから、いま出来るだけやりたいことをリストアップしておくようにしてます。



異動の季節が近い

私どもの会社も、人事異動に関しては希望をある程度聞いてくれるようになってて、それで自己申告の用紙を書いて人事に提出するんですね。とはいえ人事異動も需要と供給の市場原則でして、とりあえずどこの課も使える人材は欲しいらしい。働けない・働かない・働きの悪い人というのは悲しいかな実際居て、そういう人はどこもいらない。働けないは障害とか出産とかいろいろあるから仕方ないとして、あとの二つが放置されてる現状が、うちの会社の最悪なところ。中にから見てても腹立つくらいだから、外から雇用主の皆さんがみたらそりゃ怒るだろうと思う。

そんでまあ、今の窓口相談中心の職場に足掛け4年居るのですが、新入社員から入って普通は3年で異動します。3年周期で、窓口セクション、管理セクション、事業計画セクションと経験を積んでいくものらしいです。

ぶっちゃけ、私は新しい仕事を覚えるのがイヤでして…だってせっかくスキルついたし、お客さんや関係機関と信頼関係築き上げたのに、全部捨ててどこか行くの勿体無いじゃん。私がどっかいったら、窓口に「マルメンさんは?」って来てくれるお客さんが泣きますよ。それで去年残留希望して相思相愛で残留だったんですよ。一発サインですよ。年棒たいしてあがらないけど。

でも、今年は飲み会で上司たちと相談して、そろそろ違う職場を経験して、もっと知識も技能も高めたほうが良い、とか仰るもんで、私も「新しい仕事覚えるのがいや」なんて腑抜けたことを言ってられないな、と思ってたわけで。



自己申告書

それでですね、異動希望の自己申告書を正月の休みの間、一生懸命考えてたわけです。すごくフレッシュな気持ちで、「新しい職場でがんばってみたい、自分の可能性を試したい」とか。就職活動のときの、エントリーシートを書くような気分です。そんなの、もう5年も前の話ですよ。

学生時代の、仕事と言うものがなんにも分かってなかったフワフワしたエントリーシートを、人事担当は歯がゆい気持ちで読んだんだろうな、と思いますね。ひどいもんですよ、あれは。ところが、今書いてみても案外変わらないことを書いてるんで、慄然とします。結局、今やってる仕事のことしか分かりません、自分の尺度でしか世の中測れないんですよ人間。なのに、具体的には良く分からない「自分にフィットする新しい仕事」なんてさ(笑)

でも、一方でいろいろ考えましたね。自分の人生の中で、かなり濃い時間を過ごした職場を去る。その方針で申告書書いてますと、思い出がね、いろいろと。そういえばブログにもいろいろ仕事のこと書きました。恥ずかしいこともいろいろ書いてますが、形になって残ってて良いモンです。歓送迎会でどんなコメントを残そう。泣いてしまわなければいいのだが。

まあとにかく、希望溢れる若手社員を演出しまくった異動希望の自己申告書、一応所属長のコメントが要るんですよね。で、「異動を希望する」を選択してるじゃないですか。選択肢には、「必要があれば異動しても良い」とか、「異動を希望しない」なんかがあるのに。これをね、私を普段信頼してくれてる人に見せるのは不味いんですよね、さすがに。

「なんやこいつ、出ていきたいんかい…」
「去年、忘年会で一生この係でもいいとか言うてたやん、あいつ…!」
「新しい仕事覚えるのイヤやったんちゃうんかい!」
「普段偉そうな顔しやがって!いろんなところからハブいたれ!」

となる。これはマズい。4月でオサラバとなっても、これはマズい。人間関係のギスギスしたメンタルやられる職場、地理的に僻地にある職場、身体的に危険な職場というのも実際あるんです。これは、マズイと。

一方、そういうケースも想定して人事課直接提出、という手もあるんですね。「ええ、でもな~…」ブラックマヨネーズ的弱気が首をもたげる。人事課へ直接、しかも「異動を希望する」で自己申告書を出すということは、人事課の人「こいつ、上司との信頼関係を築けないヤツちゃうか、めっちゃイタいやつちゃうんか」とか思われたら、どないすんねん…。

「そしたら、係長や課長を飛ばして、普段業務に関係ない部長にサインもらえ!」
それで、こっそりポケットに自己申告書入れて、決裁もらいに行く時持って行った。部長席は一応パーティションがあるから、何してるか外から見えにくいです。…そしたら、部長席に誰もおらんのですよ、部長ともなると忙しいんで。それで、トイレ行く時や用事で席外す時、常に部長席の影を確認して… ラブレター渡す中学生かと思いました。ドキドキしました。ピュアでしょ?
みなさん、こんなピュアな異動希望みたことありますか? 
でも次第にアホらしくなってきました。



結局

昼休みまで部長の姿をどこにも見ず、あきらめました。
忘年会で私に異動を勧めてくれた、来年退職の課長補佐に、相談しようと。かなり勇気入りました。だって異動を薦めてくれたといっても、課長補佐は私を信頼してくれてるわけで、私は信頼を裏切って「出て行きたい」という希望書を握ってるわけで。「異動して経験つめ」というのも、酒の席の話かもしれない。

それで、
マルメン「…○○補佐…ご相談が…」
課長補佐「ん、なんやなマルメン君」
マルメン「あの、人事異動のことなんですけど…」

ここで課長補佐、手を打つ。
課長補佐「あー!そのことやけどな…!!」
マルメン「え、あ…はい!ここに自己申告書が」
課長補佐「君には残ってもらう方針で固めたから」
マルメン「…はい?」
課長補佐「合意した」
マルメン「…そうですか」


(あんたが異動せえ言うたんちゃうんかい。)


課長補佐「…んで、それ自己申告書か?」
マルメン「あ、はい…(汗)」
マルメン「あ、でもね、『異動を希望しない』にしてありますから、意味ないですわ。シュレッダーしときまっさー」
課長補佐「そうか、まあこればっかりはどうなるか分からんけどな…来年も頼んどくわ」

話は以上です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。