雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回のこと

cut402.gif

著作権違反は良くないことだが、ネットで見かけたあのニセ最終回は涙出た。
ニセにしとくのは惜しいような、作者を漫画界から放逐するのはどうかな、と。

ドラえもんは声変わってからほとんどアニメ見てないのだが、漫画のほうは全巻持ってて今でも読みます。もう、海底奇岩城なんか小3の頃から通算したら、何百回読んだかわかんねー。日本誕生も表紙なくしてボロボロだ。作品追っかけて「T・Pぼん」の未収録探したりとかしてること考えると、手塚治虫とか鳥山明の漫画より好きなんでしょうねー私。

そんな藤子先生のライフワークを、勝手な形で、お金とって終わらせるというのはたしかに罪なことかもしれないけどね、ただ読んだ上で思うのは、ドラえもんの終わりが仮にああであっても、やっぱりドラえもんは永遠なんじゃないかな? 

一方で、アシスタントが作るようになったドラえもんの映画版の漫画(大長編ドラえもん)とかは、本当にもう、どういう風に見ても、やっぱ弟子の作品に過ぎないことがよくわかっちゃう。絵柄はともかくね。単純に見えてたネームの、実際のレベルの高さに驚きますよね。アニメのほうも、声変わって演出過多になったドラえもんが、やっぱり好きになれない。あれはもう、ドラえもんとは言えないよー、と思ってしまいます。

ということで、あのニセ最終回はなんというか、比較的良く藤子先生を再現できてるというか、そういう印象を受けてます。惜しいですよね、あのニセモノが描ける技量なら、なんか新しいひみつ道具のネタもいくつかあるんじゃないか? ダジャレっぽさとおもちゃ感のセンスの結晶。

私は可能ならば藤子先生に生き返ってもらって、新しいドラえもんの載ったコロコロなりてんとう虫コミックスなりを読みたいと思ってますし、だから変質しかかった作品を正当なドラえもんだと言って、キャラクタ商品売って儲けて、まあまあいいドラえもんを著作権侵害で抹殺してはばからない、小学館には不満がある。いやまあ、まだ大目に見てくれてる部類なんだろうけどね…。

サザエさんとかガンダムもそういう歴史を踏んできたのかな?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。