雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ、忙しい?

cut393.jpg

気がついたら桜も散る頃になってしまってました。

ん!忙しいですね。
ここ2週間、超勤簿が出勤簿みたいになっちゃってます。今日も暗くなるまで仕事してたし… どうにもマンガ描く余裕が無いですね(笑)職場希望通り変わらなかったけど、あと1年間、ホントに漫画描いていられるのだろうか? 

しかし、私の仕事というのはまたいろいろとあるんだけど、その中にはこれまで勤めてた会社を退職してきた人たちがお客さんの仕事もあるんですよ。特に4月は、本当に有能そうな人が、仕事とその人の何かが噛み合わないのかなぁ、なかなか入社できないような、名前の通った良い会社を辞めてくるわけで。そういうの見ると勿体無いなぁとか思うし、でも合わないところにずっといるより幸せなのかな、とも思います。

私は就職氷河期の一番きつい時期に就職活動してて、でもそれを差し引いても「今の仕事に就く」というただそれだけのために2年近く棒に振ってたもんで、その間はまあなんというか、不安と言うか、自分の人生がすべてフイになってしまったんじゃないか、そういう怖さをよく感じた。結局自分は何一つできない、何にも持っていない「でくの棒」なのかも、とよく思った。それがものすごく辛かったんですよ、成し遂げたことなんて何にも無い人生だったから。ああ、これからもダメなんだ、と。

だから、今漫画は描けない状態で少し残念なんだけど、それでもただ毎朝8時半に職場に行って机に着いたら、自分がやるべき「仕事」は、ちゃんと用意されてるわけで。それも、「これでもかッ」ってくらい(笑) それがどんなに幸せなことか、体だるくて眠くても長距離通勤でも頑張れるんですよね。だってそれやらないと、後輩も先輩も、それに退職してきたお客さんも、障害者の人も、いろんな人が困るし、大変なことになるんだからね。こんなしょうもない私が、居なくちゃ大変になる。だれかに必要とされてる。こんなしょうもない私が。そう考えたら、少し誇らしくて、背筋が伸びた。また週明け頑張ろうと思うのでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。