雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄と未来の自動車

cut388.gif

最近ご無沙汰の鉄の技術の話。

「鉄」と言うのは実に優れた素材で、市場でも新日鉄株のはこの暴落の中(今日は一服)過去最高値を更新してるし、最近うちの地元のほうで車止め盗まれたりしてるんですけどね。これって中国にでも送られるのかな?

「鉄は国家なり」ってなことで、現状でも日本の総合エネルギー消費の一割が鉄のために使われてるし、工業出荷品の2割が鉄製品です。もっとこう、新日鉄株だけじゃなく、「鉄」そのものに注目して欲しい。

ということでまたM74で「鉄を錬るということ」の第4編をお送りする作者マルメンとしては、これを読んでくれて、あとちょっと鉄に着目してみようと思ってる人に、これだけは本当に聞いて欲しいんですね。

それは、「他の産業素材にくらべて、鉄のどこが優れているのか」ということです。

鉄と言うと、たとえば「日本刀」や「玉鋼」みたいな、そのたぐいなき強度から、「鉄人」とか「鉄腕」とか強そうなイメージありますし、他にも加工のしやすさとか、強磁性とか、もう様々な有効性や銅・青銅やニッケル、アルミなんかの素材と比べての優位性はもちろんあるんです。

しかしながら、鉄という素材のもっとも優れている点は、そのコストの安さにあるのです。


ということで、最近経済産業省の肝いりで、新日鉄でプロジェクトが動いてるらしいです。「0.1mmの薄さのステンレス鋼版の圧延加工技術の開発」なんですけど、夢のある話。

自動車の車種の中に「燃料電池車」というのがありまして、ガソリンの代わりに水素を動力にして、最終的に排ガスがゼロで、水しか出さない環境にやさしい車。これを作るのに必要なものは、「燃料電池」です。

この燃料電池というのは水(H2O)の電気分解の逆をやります。燃料極と空気極の間に固体高分子膜というのをはさんで、水素イオンを移動させて発電するんですが、あと燃料と空気を隔てる隔壁として「セパレータ」という部品が必要です。このセパレータ、現在は1枚数万円もする炭素素材で作ってます。ものすごく微妙な歪曲面や凸凹の面が必要で、今はこれ以外どうしようもないらしい。

これを、0.1mmステンレス鋼板で作るための技術が開発中らしいです。このためには、高精度の圧延ロール機から開発するんですけどね。というか、技術的にはほとんど確立してて、あとは作るだけらしい。いやでも、これが出来たら1台1億円を超える燃料電池車がものすごく安くなるかもしれない。繰り返しますが、鉄のほかの素材に対する比較優位性は、なによりもそのコストの安さにあるからです。炭素樹脂→ステンレスですよ。どのくらい安くなるか、これ。

燃料電池って、車だけじゃないしね? これがお求め安いお値段で、大量に生産されるようになったら、環境にも良いし、その技術は簡単には中国・韓国あたりに真似できないだろうから、日本の未来は安泰ですよ。頑張れ新日鉄。

コメント

日本ブランドのものづくり

 世界最強の日本刀のナノテクノロジーを抽出し先端技術を駆使して日立金属がSLD-MAGICという金型用鋼を開発した。これは韓国製鉄が出来ない優秀なハイテン(高張力鋼板)を切り裂いたり、曲げたりする金型に応用されて自動車などをつくっている。こんなことが韓国では出来ないのは切れ味抜群の日本刀には日本のオリジナル技術がいっぱい詰まっているから。

  • 2008/03/07(金) 22:33:10 |
  • URL |
  • 仙台特殊鋼 #-
  • [ 編集]

日立金属の青紙1号って硬かったですよ

昔、手作りナイフを作ろうと思ったことがありまして(それが鉄に繋がるんだけど)、で、梅田のナイフ屋さんで鉄板買ったんですよ。その刃物鋼が日立金属の「青紙1号」でした。

ナイフマスターが言うんだね、「こいつは素人には無理やで」。それで白紙2号っていう扱いやすい素材を薦めてもらい、それ買いましたが、悔しかったので青紙1号と、ダマスカス鋼も買ったんですよ。けっこう高かったですよ。

青紙をボウイ型に切削しようとしたんだけど、硬くて硬くて・・・ なかなか切れないし、ドリルで穴開けるのも一苦労。白紙はもっと楽に穴が空いたし、ちゃんと成型したんだけど、結局挫折しました。

日本刀云々はともかく、このメーカーの鋼は強そうな気がします(笑)

  • 2008/03/08(土) 20:13:30 |
  • URL |
  • マルメンライト #-
  • [ 編集]

金型職人

 このメーカーの鋼はどことなく光沢や美しさが内面から湧き出てくるような気がしています。

  • 2008/04/12(土) 01:05:44 |
  • URL |
  • 前田鐵鋼 #-
  • [ 編集]

安来鋼のナイフ

わたしも思いだしました。五木寛之の「風の王国」という小説の一節。

「ダーク・グリーンのマイカルタ製握りには指が吸い付くような見事なカーブが丹念に磨きだされていた。
石のようにかたい乾燥芋は、
日立ATS34鋼の刃のしたでバターのようになめらかに削げた。」

  • 2008/04/15(火) 20:38:48 |
  • URL |
  • 名無しさん #-
  • [ 編集]

ハガネのココロ

 鉄は安さかもしれませんが、鋼はどちらかというと、美しさと強さの両立したものというイメージがあります。

  • 2008/04/17(木) 23:05:15 |
  • URL |
  • ノボル鋼鉄 #-
  • [ 編集]

それって

 あまり確かな記憶ではないのだけど、日立金属のOBの方が超多元系合金設計と題して説明していたと思う。

  • 2008/04/17(木) 23:56:44 |
  • URL |
  • 東北大生 #-
  • [ 編集]

超多元系合金設計って?

これのこと?
「金型用鋼では世界最多の11種類の添加元素をコントロールし全特性の同時成立点を見いだし、・・・・」

http://sokeizai.jp/japanese/award/skill_h19.html

  • 2008/04/21(月) 20:08:21 |
  • URL |
  • 深江 #-
  • [ 編集]

この鉄鋼材料って

 素人には分からないかもしれないけど、この鉄鋼材料って自動車やジェット機のエンジンの何倍も、高度な熱力学計算がなされているはずだ。

  • 2008/04/30(水) 19:10:00 |
  • URL |
  • 横山 #-
  • [ 編集]

鉄に傾いてる人はけっこういるもんですね

素形材に技術革新があって、ハイテン鋼の歩留まりが向上するという感じでいいんでしょうか。自動車にどんどんハイテン使って軽くなれば、ガソリンも安くて済みますね。

ところで田舎に住むと、道路特定財源や郵便局に、いかに田舎の人が支えられていたのかよくわかります。田舎はあれです、道路が本当に足りません。

  • 2008/05/05(月) 02:39:33 |
  • URL |
  • マルメンライト #-
  • [ 編集]

合金の熱力学

 地球環境保護のための温室効果ガス削減に向けて、今後も熱力学という学問は重要性を増してゆくとおもいますが、工具鋼のような合金の設計にも使えるとは、ちょっと驚きですね。

  • 2008/05/12(月) 07:35:14 |
  • URL |
  • 光次郎 #-
  • [ 編集]

ダマスカス鋼の中にカーボンナノチューブがあったそうですが

こういうのは現在の科学に基づくから有用であってすごいというのと、おなじことが恐らく偶然と経験によって、大昔の日本刀やダマスカス鋼の技術にあったという面白さがあってですね。

  • 2008/05/12(月) 23:11:22 |
  • URL |
  • マルメンライト #-
  • [ 編集]

鋳鍛造から素形材へ

 素形材ってダイカストや鍛造ってイメージがあったんですけど最近はプレス金型技術に関わるところも入り込んでいるんですね。

  • 2008/05/16(金) 02:39:50 |
  • URL |
  • 金井 #-
  • [ 編集]

地球温暖化

SLD-MAGICってスーパーエコプロダクツなんですね。この前もNHKで地球温暖化のせいで凍結海域が狭まり白くまが死に、逆にそのせいで海底油田や天然ガスが開発しやすくなっているらしく負の連鎖と読んでいました。
 「白くまの味方」日立さんにはもっとエコプロダクツを沢山開発して欲しいです。

  • 2008/05/30(金) 22:51:00 |
  • URL |
  • 主婦(昔少女A) #-
  • [ 編集]

英文でもあったよ

英文でもあったよ
Raw steel of japanese sword is made by Hitachi metals. History of Hitachi steel Manufacturing is more than 1000 years old.Recentry Hitachi has developed New die and mold steel “SLD-MAGIC” with applying ancient japanese sword technology.It developed by using the new way called ultra multi system alloy design.Strengthening of die and mold is demanded because car body or flame are tend to be made from high strength steel. Hitachi is good at manufacturing high performance special steel,and so worldwide market shear of razor blade for Gillette Schick etc is more than 70%.

  • 2008/06/04(水) 23:44:52 |
  • URL |
  • Chai #-
  • [ 編集]

鉄鋼材料の未来

 いよいよ、地球温暖化へ宣戦布告ですね!!

  • 2008/06/09(月) 07:20:58 |
  • URL |
  • ニコルス #-
  • [ 編集]

SMAGICの秘密

 SMAGICの成分って非公開ですが、ある機関で分析してみましたが、やはりたくさんの合金元素の種類が入っていました。しかし、驚いたのは酸素の値が1ppmとものすごく低い。多分常識的な工具鋼の酸素量は60ppm前後なのですがこれだけは異常に低い値だった。このあたりに玉鋼の高純度化技術が隠されているみたいですね。

  • 2008/07/13(日) 22:34:50 |
  • URL |
  • 七熊 #-
  • [ 編集]

小耳にした話

 マツダのロードスターを開発した貴島主査が、SLD-MAGICの開発者にお目にかかったことがあるらしいですね。鉄を知り尽くした研究者という印象があったらしいです。

  • 2008/08/23(土) 20:51:25 |
  • URL |
  • 人馬一体 #-
  • [ 編集]

哲学的考察

 ここってむかしNHKの人気番組プロジェクトXにでていたたたら製鉄を復活させた会社ですよね。
 あのときの、web上の騒ぎは今でも覚えていますが、世の中にはなんと多くのルサンチマンがいるのかと思いました。有名になった会社を嫉妬から引き摺り下ろすような言動は醜いですよね(どことは申し上げませんが。)。

韓国撃破

侍ジャパン。
世界最強!

  • 2009/03/26(木) 00:25:35 |
  • URL |
  • 熱田雲伯 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/318-ca617019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。