雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働くことの意義

kabu070220.jpg

野村のバーチャル株式クラブの状況。
1/30~2/20 間の運用成績です。

新日鉄   704円 → 765円
住友金属鉱山  1575円 → 1816円
ソニー    5630円 → 6270円
エルピーダ  5380円 → 5310円
松下電器  2400円 → 2425円

やった!利益60000円!

しかも、これは昨日の状況でして、なんか今日もまた10,000円分くらい利益でそうな上げっぷり。なんかもう、バーチャルとはいえ20日くらいで7~8万円も利益出てるの見ると、日々に働くアレを失います(笑)




現実には私は、昨年末から「M73」を執筆するかたわら、手堅く個人向け国債で運用してました。ボーナス突っ込んでみましてね。そんで今月から投資信託を始めたんですが、家帰って基準価額調べて儲かってるかどうか確認するのがとても楽しいです。

投資信託は「ピクテ・プレミアム・ブランド」。
おもにブランド商品を扱う企業を対象にほぼ株式で投資、運用していく投資信託です。
私はブランドってのにはほとんど無頓着なので、あんまり良く分からないんですが、ヴィトンさん、コーチさん、ポロ・ラルフローレンさんなどは良く売れてるんですかね。ヴィトン、こんど御堂筋の大丸のそば(みずほ銀行跡地)100億円で買ったんだよね。100億円ですよ。100円置くんとちゃいまっせ、お客さん。

不況でもなぜかお金をたくさん持ってる層に良く売れるみたいだから、きっと伸びますよね。ブランド商品欲しさにカード破産するくらいの人も居ますから。100億円かけて店舗作るなら、もっと単価安くしてもいいんじゃないかな… だからこそブランドなんだけど。 値段が高いほうが売れるなんて、ブランド品と株くらいでしょうかねー。普通、安いものを買いますよ。私にはどこにそんな魔力があるのか分からないけど、特に何の役にも立たなくても、きっと「愛」が詰まってるんでしょう。まあその「愛」ってやつは儲かりそうです。

まだまだ購入手数料も稼げてませんが、今後に期待してます。利上げと円高が怖いです。この基準価額というのは、一日終わらないと値上がりも値下がりも分からないから、これまで一分一秒を惜しんで生活していた私が、「早く明日にならないものか」と過ごしてるんだから、とても不思議なものです。あんまり良くないことです。




労働の報酬は減り、

資本の報酬は増えている


私も一介の労働者だし、そりゃ知識労働か肉体労働かくらいの差はあるけど、今の学校教育は労働者としての能力を磨く過程として存在してますから、そーやって育てられた私には、売れるものは労働力しかありません。その報酬として、毎月給料もらってます。

一方、資本家は株式配当とか利息のかたちで、資本から報酬を得ているわけで、今は私ら労働者の報酬より、こっちが増えてます。大分意識がかわりましたよね。株主が配当を要求するようになってるし、会社もそれに答えることで株価を上げて、そうして会社の価値が上がる。資本家は得する。そうじゃないですか。「僕、トヨタです」というと、「トヨタで働いてる人」を指した。これは、会社が労働者のものだったからなのでしょうか? もうそれは昔の話になっちゃうのだろうか。

例えば、ある十分に黒字の会社が、それでもリストラする。何人もの社員が路頭に迷う。その人たちがいなくなった分、会社は活動力を失います。だけど、その人たちがいなくなった分、彼らに支払う給料が必要なくなり、利益はもっと上がる。黒字が大きくなる。結局、その黒字の会社はリストラというひどいことをしたおかげで、さらに価値を増す。ここんとこ、リストラがあった会社は株価があがってるでしょう。

そこまでいくと、「働いたら負けだ」と考えるニートの考えも少し分かるな… 

日立とグーグルという会社を比べると、社員一人当たりの利益の比が1:500くらいになるらしくて。グーグルの社員が日立の社員の500倍も優れてるのかと言うと、別にそうでもないと思いますよ。違うのはビジネスモデルです。社員の質の差が、こんな差を生み出すわけじゃないですよ。結局、決めるのはその事業モデルと経営者の選択だと思うんです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/309-eb67ce4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。