雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアマックスの思い出

cut322.gif

これは中学卒業から高校入学ごろの思い出。デフォルメしすぎました。


この靴への憧れは、同時代の人ならではのものかもしれません。当時、NIKE製のハイテクバッシュが大流行し、特に「エアマックス95」という靴は「エアマックス狩り」なんていう現象が起こるくらいの社会現象になりました。「BOON」とか「カジカジ」、「COOL」なんかのファッション誌なんかでは毎週のように特集が組まれてまして、老若男女、スポーツするしないを問わず売れてたみたいですね。私はその時は部活小僧だったし、もう穴が空くくらい雑誌を眺めて憧れてました。

プレミアついて高くなってましたね。この「エアマックス95」だと、アメ村の古着屋で眺めた値札が、確か10万円以上したような気がします。この頃。高校入学が決まって嬉しいのと、学校が変わって友達と離ればなれになるかもしれない寂しさもあって、その時よくつるんでアメ村とかフリマとか行ってました。まあ結局その時の友達とはずっと続くんだけど、当時はなんか刹那的だったな。それから、お小遣いはとても少なかったです。

かっこいい奴は品薄なんだけど、お小遣いの豊富な友達は妥協したあたりを買ってまして、「エアトレック・フットロッカー別注トリコロール」でした。そいつが何回も繰り返し言うもんだから、今でも覚えてますね(笑) すごい羨ましかった。服は何はやってたかな?Vネックの半袖スウェットとシャツの重ね着とか、砂漠迷彩の軍パンとか覚えてますけど・・・でもジーンズはダブルエックスだの赤ミミとか、ビッグEとか、まあ変わりませんよね。

ショーウインドーのエアマックスにとにかく憧れてましたが、到底買えなかったですよ、それは残念なことにねぇ。もう小遣いの大半を使ってしまった私にとって、ナイキのバッシュは店頭でどうこうなるようなシロモノじゃなかったです。そこで、考えた私は、南港でやってた大きなフリマに朝から並んで入ってみたんですよ。

あの大きなフリマは何だったのか良くわかりませんが、自動車とかまで売ってた気がします。狙いはバッシュでしたがそれ以外もグルグル見てて、多分ね、いろんな意味でなぜか当時、靴が欲しかったんですよね。私の中学校は校則で色が白の靴しか履いちゃダメで、学校指定の業者で買ってたし、不良も革靴取り上げられて購買でデッキシューズ買わされてる時ありましたしね。そこへ高校はなんでもOKだったんで・・・

レッドウィングのアイリッシュセッター・・・だったと思うけど、たしかそういう感じの靴がフリマにあり、これも憧れてたんですよね。それはあったんだけど、予算軽くオーバーでダメ。ウロウロしてたら、ものっすごい小汚い感じの兄ちゃんが段ボールを置いて、どうもそれに靴が入ってる。ものっすごい小汚いハイテクバッシュがいっぱい入ってたんですよ・・・


cut323.gif

その畑か火事場から盗んできたみたいな泥と土ついたバッシュ。ここまで汚くなるものか、と思いました。そこで、なんか適当にきれいめなバッシュ見て、汚いヒゲに鼻ピアスの兄ちゃんに「買う?」って聞かれたから、私は軽くビビりながら「いくら?」と返すと、なんか2~3千円の手頃な価格を言ってきて。私は「エアマックスある?」と聞くと、私が手に持ってる小汚いオレンジ(オレンジと言えないような色)の靴をさして、「それマックスやで」。

私は憧れてる割には、イマイチ違いを認識できないんですよ。そういうところが今でもあるんですけども、とにかくよくよくその靴を見てみると、確かにソールに「AirMAX」と書いてある。つまり、「エアマックス95」などとして流行る、その前の世代のエアマックスなんですよ。

手頃だし、買おうかと思ってたんですけど、そこはフリマじゃないですか。値切ってなんぼがフリマのルール。そこで、商品をじっくり見て、すると底に軽く穴空いてて。これは値切るチャンス、と。

マルメン「これ、底に穴空いてるで」
兄ちゃん「穴空いてるから2000円やろ!」

それでまあ2000円で購入ですよ。中学出たてのガキが、100戦錬磨のフリマ出展者(鼻ピアス)相手に値切ろうなんて、無理だったんですね。だいたいおかしいですよ、いくらエアマックス流行まっさかりだと言っても、底に穴空いてる靴なんて、ふつう靴じゃありませんし・・・それ買うってんだからね(笑) そういう殿様商売の時代だったんですかね?

帰って磨くと、結構キレイになりました。穴も布でパッチして、硬ゴムは換えが聞かないけど、ボンドとかで何とかした。履けるように生き返らせたわけですね。それが絵のシーン。なんとかしよー、なんとかしよーと必死でやりました。これ、実はすごく楽しかったんです。

とりあえず身内には、3500円をフリマだから2500円に負けさせた、と言いました。穴のことは内緒にした。するとですね、部活仲間が「おおー、マルメンがエアマックス履いてる!」となったわけですね。気分良いですよ。そこでまた、3500円を2500円に値切ったウソをつくと、みんなもっと「おおー!」ですよ。すると、仲間のうちひとりが、アメ村無国籍の近くにある「ZOOK」っていうショップで、この靴を見たと言うんですね。価格が3万円以上するプレミアだと。(もちろん、穴の空いてないキレイな品だけど)


そこまで聞いたら私みたいなもんはもう、有頂天ですよね。
最終的に履きつぶすまで、何度も何度も修理して履きました。修理が結構楽しいこともあったけど、この愛着というのはすごかったです。
最後はもうまっぷたつにちぎれたんで捨てちゃったけど、あれくらい大事に靴を履くことはもうないでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/249-8abfe2da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。