雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚水が降った日

cut298.jpg

今日仕事してたら、地下室の天井から水漏れしてましてね。

うちの会議室は地下にあるんだけど、そう頻繁に会議してるわけでもないから会議予約の入ってない日はバイトさんや私たちの作業場になるんです。電子時代の職場といっても、うちの仕事は仕事柄書類第一主義は抜けず、こんな広い作業スペースがどうしてもほしい仕事があるんですよね。

そしたら、「天井から水が!」
呼ばれて行くと、あちゃー、雨漏りしてる。
あれ、でもちょっと待って。落ち着いて冷静に考えて。
確かに昨日かなり雨降ってましたけど、ここ地下なんですよ。この雨漏り箇所の真上は、隣の課の課長の椅子の真下くらいなんですよ。となると、雨漏りじゃない。

とりあえずバイトさんたちを撤収させて、経験ある人と相談してたら、昔からあっちこっちでこういうのはあったとかで、安普請だからしょうがない。マルメン君なー、これもう、しゃーないねんな。我々一流オフィスビルにおるような職種とちゃうしな。無駄遣いしたらあかんねん。

でも水漏れ量が結構なもんなので、バケツでためてたんですけどね。パイプがどういうのが良く分からんけど、まあ会議室の真上だしエアコンの配管かなんかで水漏れたんだろうと思ってました。

そしたらこのバケツの水から悪臭がしてくるじゃないですか。

…ええっ~~!!?これ…!!


なんと、うちの地下会議室の真上を、トイレの下水が通ってきていたんですよ。水漏れはその汚水…げげ。早速手を洗いに行きましたけど、頭や髪に付いたかもしれない女の子のバイトさんたちには、あまり言わないほうが良いかな、と思って黙ってました。でも修理依頼した管財の工事が大事になってきまして、早々に露見しました。意味無かったです。


cut294.jpg

工事中の会議室天井。

天井板をはずして修理しだすと、もう滝のように汚水が。管財もたまったもんじゃありませんが、会議室を通って地下全体に広がる悪臭がたまりません。


cut295.jpg

水受けもバケツではもはや足りず、水槽サイズが必要です。

そんなこんなで大変でした。

まあしかし日々こういう悪臭の中で仕事してるのかもしれない下水系の仕事は大変ですよ。普段タバコ吸ってる私でも、そういう臭いのには耐え難いもんでしたから。日々トイレ流すたびに感謝しないといけないことだと思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/224-5232db8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。