雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未完の長編

cut285.jpg

WEB漫画は自由です。(小泉純一郎風に)



未完の長編はダメだ


好き好きにはじめられて手軽なWEB漫画です。基本タダだから読むほうも気楽だし、作るほうも気楽。趣味の領域でマイペースでやれます。そこが一番良いところですよね。

で、「漫画ってどんなんあるん?」という質問から、私の場合出てくるのが「ドラゴンボール」とか「スラムダンク」とかの長編少年漫画です。まあここが「コボちゃん」とか「ドラえもん」に何故かなってこないのが趣味嗜好というやつです。というわけで、私が漫画描くと長編少年漫画になる。経験不足による芸風の狭さです。

そういう漫画好きですし、リンク先もそういうのが反映されるんですが、長編WEB漫画って事情はホントそれぞれですけども、完結しないケースが多いですよ。当の私も「LUCKY STRIKE」放っておいて、「M74」やってるわけです。

自分への反省も含めてですが、こういうのは良くないと思うんです。どういう事情があっても、中断して放っておくなんて、批判されて当然のはず。読んでるほうからしたら、裏切られたような思いに違いない。たとえ駄作になったとしても、完結するまでがんばって描くべきなんですよ、作者ってのは作品に責任があるから。(書きながら、自分への情けなさがこみ上げてきて『あ゛~~!』って言う)


手間かけてきた愛する漫画が、スケジュールや生活の都合で納得いかない方向で形になってしまい、駄作になっちゃうっていうのは、作者にとってはずいぶんつらいことです。一方別に生活かかってないから、そこで自分の中の「納得」をめぐって逡巡が生まれ、それは恐怖となり、なにはなくとも製作に必要な「モチベーション」が下がっちゃうんですよね。まあ作者がことのほか出来に納得してても、じつはあまり読者から面白くなかったりするのが漫画の怖いところです。あまり自説をしたり顔で述べるほど、人生で漫画を描いていない私です。

長編WEB漫画同盟
という同盟さんがありまして、「長編漫画で100p超えたら登録できる」の条件が先行しがちなんだけど、同盟趣旨は完結まで一緒にがんばろー、というもの。こういう存在になんとも励まされます。




未完の長編はダメか?

建前はこのくらいにして、本題に入ろうかと思うんですが、
私は「未完の長編」ってやつも面白いと思ってます。たとえば、良く立ってるキャラが出てるやつ。設定や伏線だけでも、結構深そうな構成のやつ。残りは読者の想像になり、作品は読者のものになるんですよ。(上手くいくと)

漫画はそもそもが想像の世界の話であって、もっとも優れた魅力的物語は読者の想像力を極限まで解き放つような世界の話のはず。読者は作者の導きで、作者の想像の世界に入っていくんですけども、そこはそれ絵というものがあっても、読者によって受け止め方は異なり、例えば魔法があるとか怪物がいるとか、普通の世界と違う部分を作者から説明されて、ああ、そうするとこういうのもあるし、こういうのもあるんじゃないかと、想像で世界が膨らんでいくんですよね。つまり、ハマってるわけですけども。

ということは当然、読者の想像力を制限してしまってはいけないんですよ。オリジナルでやってて「この魔法はメラみたいなもんです」ならともかく、「魔法の設定はドラクエと全部一緒です」とか。つまんないですよ。でもズバリそう書いちゃったら逆に面白いか…(笑) 作品のなかにある、読者の想像力を喚起する部分って、「物語の未完結で、謎な部分」にあるんではないかな、と。だから作品の「底」が割れてしまうのはとても良くないことだと思うのです。

もう10年も前になりますが、「EVA」ていうアニメ、あれ途中でやめようとしてましたよね。謎のまま終わったほうが面白かったかもしれない。なんでもかんでも説明つけずに、「こう来て」「こう来る」みたいな王道使いつつ、謎の部分残しながら興味を引いていく。ヘミングウェイもそういうこと言ってました。ファンタジーとか特に、終わりのイメージがない「ネバーエンディングストーリー」で、それが魅力です。

私とかそうなんですけど、ファンタジー考えるとき、終わりのイメージ作らずに設定から入るじゃないですか。だからというか、イメージボード的に少量の漫画と、キャラ設定や構想だけでも、想像で補完して満足するところがあって、まあ脳内で原稿にしてるというか。


まあ、まとまりませんが、私の読者としてのWEBマンガは、お気に入りサイトにある分だけ全部楽しんでいこう、という感じでしょうか。作者としては、いつかは完結するから、それまで詰め込めるだけ詰め込もう、やりたいことは全部やっておこう、という感じです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/216-a2578baa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。