雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEB2.0

cut244.gif


cut245.gif


WEBコミックのこれからについて、色々考えてみたいと思います。第一回は、まずは現状認識まで。基本的にはhtmlのタグも分からないビルダー任せのど素人ですが、プラス思考でやっていきたいと思います。同時に広く意見を求めたいです。


WEB2.0

最近取り沙汰される用語のひとつで、インターネットの進化形という意味になるようです。WEBとはつまりインターネットですが、これにソフトのバージョンを示すような番号がつきました。「WEB2.0」とは、WEB上の新しいサービスとそのための技術や手法、方向性や考え方の全てを指す抽象的な概念です。

どういうものがWEB2.0かというと、このブログとかWIKI、「mixi」などのSNSがそうです。これらの新しいWEBのサービスは、これまで私たちがやっていたいわゆるWEBサイト運営とは少し違った方向性を持っています。「双方向性の情報発信」ですね。

「ブログ」というものが出来まして、誰でも簡単に日記的なサイトを作れるようになってます。掲示板にでも書き込むような感覚で、簡単に意見を発表したり、日常の出来事を綴ったりできます。ただ、こういうのは昔からありました。このブログの機能のうち、特にWEB2.0的なのは、

1、ブラウザさえあれば基本操作が可能であること
2、アマゾンなどを通じて商品を他人にオススメし、広告収入も入る「アフィリエイト」機能
3、コメントやトラックバックを通じて他のブログと繋がる機能
4、RSS

ということになると思います。「mixi」ってのも基本は日記やレビューをマイミクと共有することになりますし、ブログみたいなもんです。とりわけビジネス的には、商品レビュー兼広告である「アフィリエイト」機能により、「ロングテール現象」というのが起こっています。


商品小売業には「パレートの法則」というものがあり、それは

「良く売れている順から20%の商品が売り上げの80%を占める」

という法則です。多数に人気のあるヒット作品が「ヘッド」と呼ばれる売り上げ80%部分を占め、少数にしか人気の無いニッチ商品は「ロングテール」(尻尾)になります。したがって小売業では、棚や仕入れに制限があるため、基本的にヘッド商品を取り扱い、ロングテール商品は仕入れません。

ところが、インターネットの本屋さん「アマゾン」では、ロングテールの売り上げ総数がヘッドを超えるという現象が起こっているそうです。WEB2.0の世界では、「パレートの法則」が通じない、ということになります。

私はアマゾンのヘビーユーザーで、我が家には週に一度はアマゾンから小包が届いております。検索機能が非常に便利です。大阪には紀伊国屋や旭屋、ジュンク堂などの大型書店がありますが、私の欲しいような本はジャンル的にマニアックになりがちで、探してもなかなか見つからないし、結局なくて2~3時間無駄にする、というようなことが多いです。もちろんそういった探す時間も楽しいものですが、最近はちょっとめんどくさいと思うことが増えました(^^;)

さらに、アマゾンの商品紹介にはレビュー欄があり、ある商品に興味ある人はその商品内容を業者以外の人から教えてもらうことが出来ます。信用度が高いことが多く、たくさん評価がついているというだけで購買意欲が増すことがあります。(ただし、ヒット商品の辛口レビューは購買意欲を下げます)
また、商品に興味を持って買った人が、同時に買っていった商品も知ることが出来、これによって商品の世界が広がっていっきます。このFC2ブログのアフィリエイト機能を使って、アマゾン取扱商品を簡単に紹介することも出来ます。こういった商品販売者だけでなく、商品購入者からの双方向の情報提供、すなわちWEB2.0的機能によって、そこらへんの通販サイトとアマゾンは大きな差を得たことになります。


WEB1.0

これまでのいわゆる「サイト運営」では、おのおの情報発信者がコンテンツを用意し、HTMLの知識やWEBサイト作成ソフトを入手して、広く世界に向けて発信してきました。

まず、ソフトバンクとかが頑張って価格破壊してくれたおかげで、日本のネット環境は大きく広がりました。ほとんどの人がWEBで情報を入手できるようになりました。ということは、若干でも絵を描こうとする日本中のほとんどの人が、WEBマンガサイトやイラストサイトを立ち上げたのかというと、そうでもない。

例えばうちの「自作のマンガを公開する」ということになると、フォトショップとか画像編集ソフト買って、スキャナー買って、紙に書いた原稿をスキャンしてJPGに加工して、ジオシティーとかでスペース借りて、ビルダー買ってサイト構築して、パスワードやURL設定して転送→公開という流れです。「ここまでして」やりたいと思うのがWEBマンガ作者だったわけですね。もう必死ですよ(笑)

では、WEB2.0的なWEBコミックサイトとは一体どういったものになっていくのか。第二回では、そのことを考えてみようと思います。

コメント

あ、4コマに爆笑。いいですね、このノリ♪
まとめてコメントですが、こちらに。

腰痛。お仲間です。本当に不意に来るんですよね。気配がしないのがたちが悪い。ひにち薬。お互いがんばりましょう。

ミニキャラ。
マルメンさんが描くのって珍しいですよねー。博士がすっごく可愛かったです!塗り方もアニメ塗りにしてみるとさらに違う感じに見えるかも♪って思いましたw

  • 2006/06/04(日) 00:04:12 |
  • URL |
  • D #fBhJEaUc
  • [ 編集]

こりゃ腰痛同盟ですね!

うわ、いやな同盟(笑)お互い頑張りましょう。
ミニキャラは描いてて楽しいです。描くのも頭身単純なんで楽ですし。アニメ塗り…陰影の境界がハッキリしたやつですね。こっちの方がラクかなぁ。

ちょっとしばらく、こんな機能があったら面白いなぁというのを愚考してみるつもりです。ご意見ありましたらお気軽にどうぞ~

  • 2006/06/04(日) 14:11:09 |
  • URL |
  • マルメンライト #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/184-c4a80818
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。