雑記

親愛なる○○に捧げる

現在の鉄

cut239.jpg


画像サイズが大きくなっちゃいました。鉄鋼業界を中心に今年の民間ボーナスえらいあがってるじゃないですか、うらやましいんですよね~。


地表の4割を構成する「鉄」は人間にとって最も利用しやすい金属であって、現在の産業においても根幹をなす物資の一つです。あなたが世界の営みの雄大さを想像しうる者であれば、この「鉄」がいかなるものか、より知っておく必要があるのではないか? …などというのは『M74』の宣伝文句として脇に置いといて、いまこの業界の再編成が進んでいます。

水、食料、石油・石炭についで重要な物資といえる「鉄」に、世界的なメーカーというのが存在するのが非常に面白いものだと思います。ここでいう鉄鋼メーカーは、鉄スクラップから新しい鉄を作る「電炉メーカー」じゃなく、鉱石・石炭から鉄を生み出す「高炉メーカー」なんですけども。

現在世界第一位の鉄鋼メーカーは、オランダに本社を置く「ミタル・スチール」。しかしこの企業、実は社長がインド人のラクシュミー・ミタル氏でして、この人が1976年にインドネシアで設立した鉄鋼メーカー「イスパット」(サンスクリット語で鉄鋼を意味する)が母体です。ミタル氏は他国の鉄鋼メーカー(国営、国策企業であることが多い)を次々に買収し、巨大なミタルグループを作り上げました。中東やロシアの国営系鉄鋼メーカーは、従業員が公務員みたいなもんなんで、生産性が著しく低いらしいんですよ。そこへミタル氏の手が入ると、急に生産性が上がって奇跡的な成長を見せるらしい(苦笑)

ミタル氏は2005年「フォーブス」誌で富豪ランキング3位に入りました。いまやインドの英雄です。いわく、「くず鉄を黄金に変える錬金術師」。インドはウーツ鋼とか鉄の面白い伝説が豊富なんで、そういうの面白いです。

現在世界第二位はルクセンブルクに本社を置くアルセロール。2001年、欧州3つの鉄鋼メーカーが合併し(ルクセンブルク:アルベド社、スペイン:アセラリア社、フランス:ユジノール社)その時点では世界1位でした。なんかもうミタルの後手に回る感じがするんですよね、この会社。

日本メーカーは世界第3位の新日鐵と、5位のJFEスチールがあります。新日鐵は世界1位だったこともあるんですが、近年合理化及び減産で順位落としてました。韓国POSCOにバンバン技術輸出して、わざわざライバル増やした経営方針に疑念がもたれる会社です。こないだまでPOSCOに抜かれてましたが、景気が良くなってきたんでまた上位に入りました。
ただ実際のところ、この会社は技術ではかなり上にいるんで、自動車鋼板のような高級鋼材ではミタルや中国メーカーは簡単に蹴散らせるはずです。はずなんですけどね。淡い期待かもしれない。規模ってのはすごい威力を持ってるものだからです。私はこの会社の本で鉄のことを勉強しましたから、この会社は贔屓にしてますです。


さてさて、現在世界一のミタルグループが以前から世界2位のアルセロールに敵対的買収提案(TOB)を仕掛けており、この5月18日についに買収を開始しました!アルセロールは欧州高級鋼板の15%のシェアがあり、ミタルに比べて技術が高い。ミタルはこれを手に入れ、世界最大最強の鉄鋼メーカーになりたいわけです。買収総額は240億ドル(2兆6千億円)。アルセロールはこれを拒否。フランス・スペイン・ルクセンブルクの各国雇用も不安視されるため、各国民は強い不快感を示しています。一方、ミタルのインドでは拒否されたことについて「これは人種差別だ」と猛反発してます。

アルセロールは防衛策として自社株買いにはしります。その上株主に総額6000億円以上の利益還元を行うなど、はっきり言ってメチャクチャやってます。一方ミタルは19日にも買収条件を3割増。この世界2大鉄鋼メーカーの攻防の行方は注目されてたんですが、ここで27日、アルセロールがロシア第二位の鉄鋼メーカー、セベルスターリを買収。1兆7000億円をかけたこの買収は、アルセロールの規模と価値をあげますし、まああんまり良くわからんけど「ホワイトナイト」らしい。

焦点はミタルの次の一手、買収条件を引き上げるか、あきらめるか。で、ここでミタルがあきらめるとどうなるかというと、ミタルは買収と規模が最大の武器で、欠けている武器は「技術力」です。烏合の衆なんですよ。一方、技術がある優良メーカーがありまして、それがわが国の企業なんですけどもね。どうなるかなぁ。

コメント

5486

 なにやら日立金属っていう会社が世界最強の特殊鋼を開発したらしいですね。ここって鉄鋼メーカー?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/180-753f1201