雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学時代の思い出

cut233.gif

思い出シリーズ。これも流れとはいえ、自画像に美少年的に描いてるシエスタ使ってるのは、正直気が引けてます。

中学時代の自分を思い出せば、実にマジメでつまらん子供だったと思います。テストの学年順位はこれで一応10位以内に入ってまして、それはそれで誇らしいことなのだけども、その為に今大人になって働いてる時間より長く、学習塾に行く価値がどこにあったのだろうと思います。だって塾終わったら11時半で、それが週3ですよ?土日は部活だしね。
それで学級委員ばっかやらされてましたね。そういう子供でした。


それで学ランの学校では校則違反の変形制服が流行りますよね。『ビーパップハイスクール』とか、よく放送してたじゃないですか。中村トオル主演の。不良の着る学ランは、普通の学ランとは多少形を変えて、個性を出してあるんですよね。卒業式のとき、特攻服着る人もいるけど、気志團みたいな長い学ラン着る人がいるでしょう。あれですよ。

ボンタン、ボンスリ、ツータック、長・短ランとか色々ありまして、当時そんなにカッコイイなぁとは思ってなかったんですよ。知識もないから、「ツータック」「ノータック」「シボリ」「シシュウイリ」「ウラムラサキ」とか言われても、形状が想像できないから、「あの不良のKくんが着てるのがボンスリや」って言われても、理解できないし。でも流行るんですよね。

ここは微妙なところなんだけど、とにかく変形は違反と思ったら、ズボンの方は大丈夫らしいんですよ。パン一や下だけジャージは可哀想だという先生方の親心ですかね? でも上着はダメらしい。とくに、目立つ短ランや長ランは、先生方はNOだし、それにもっと怖い上級生のツッパリが許しませんからね。

そんななかでマジメの私が、せいぜいやったことといえば、学ランのボタンの止め具である「裏ボタン」を、オシャレなものに変えるくらいでした。それも、5つ釦の2つだけ。まあでもそういうのでも満たされるんですよね、体育の着替えの時とかね。



さて、中2の秋でした。授業科目に「技術・家庭」というのがありました。そのなかで「金属工作」という技術の授業があり、ハンダゴテでトランジスタラジオの回路をハンダづけする楽しい実習があったんですね。ハンダゴテをはじめて見て、すごくワクワクする授業でした。

2コマで一回の授業も後半にさしかかり、緊張も解けて寝る人も出始めた頃です。なんか変な匂いがしたんです。ビニールの溶けるような。
次の瞬間。
マルメン「…熱ッッ…!!」

なんと私は電源を入れたままのハンダゴテを机に置いて、その上に長袖の学ラン着た手を重ねて置いてしまったんです。変な匂いは、私の学ランの袖の部分が溶ける匂いでした。さらに、慌ててハンダゴテを膝に落としてしまい、ズボンの右太ももあたりと右袖に、溶けによる大穴を開け、手足は軽い火傷を。

その日一日ジャージで過ごし、家に帰って両親に怒られた私です。
それでね、うちお金無かったんですよ。
新しい制服買わないといけないのにね。黙って塾へ行けという。
塾行かせるお金はあったのに、なんでだろう(笑)

今考えれば、親の方針はどっかいびつだったと思うんです。
優等生に権威やプライドがあるとして、それは服の上から着るもんですよ。ジャージの優等生がいるもんですか。まあ当時は思いもせず、次の日はジャージで行く覚悟して塾行きました。

すると、当時一緒に住んでいた叔母が、ご近所ネットワーク「隣組」を通じて、最近中学を卒業した人の学ランを貰ってきてくれまして。その人とは体格もほとんど同じだったし、塾かえって喜んで袖通して、サイズぴったりだこれで明日学校行く、と。

その時点で私はこの制服が変形であることにまったく気づかなかったんですよ(笑)、喜んで「裏ボタン」付け替えてました。その人は中学出た後、そのまま大工になった人だから、考えれば分かったと思うんですけどね。それにその制服は「中ラン」「ボンタン」だったんですが、変形度は抑え目のヤツでして、つまりボンタンで言うとあんまり膨らんでない感じです。「中ラン」も目立たない仕様で、裏地も普通だし。


それでまあ、学校行って…。
見る人が見たら分かるもんらしいですね?
登校時、いつも一緒に行くハンド部のキャプテンから、「それ中ランちゃうん?」と指摘されまして、私は「…え?」って言いました。学級委員の相方にも下駄箱で注意されました。この娘、学年で不動の2位でしてね。それはそれでいい思い出。
それまでマジメな学級委員の私が、何がどうしたかと思ったんでしょうねぇ。なんかもう高校デビューってしなかったんですけど、こういう感じだったんでしょうか、言われるたびにだんだんテンション上がりました。最後は結構浮かれてまして、部活で着替える時普段脱ぎ捨ての私が、きっちりたたんでおく始末(笑)

「ケガの功名」ってヤツで中ラン・ボンタンというカッコイイアイテムを手に入れた私でした。まあでも中身はマジメの学級委員のままだったんですけどね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/176-944661f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。