雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャライメージ先行

cut174.jpg

こういうおとなしいキャラばかり描いています。

イメージが先行しているキャラのことを書きます。

お金の取立てをするキャラを描きたいと思っています。
そいつは普段、フリーの取立て専門業みたいな稼業をしてる嫌われ者。でも、本人としては雇われて仕方なく取立てをやってるわけで、しかもそれしか才能が無いから毎日生きるのが苦しくてしょうがない人です。

ところが大きな詐欺事件みたいなのが起こって、それも男が住む国全体を巻き込むような大事件で、大勢の人民がお金を失って、人民も政府も困りはてている。政府は人民を救うために、この嫌われ者の男を招聘する。男は政府承認の取立て専門官として大活躍、人民も拍手喝采する、というような話。

権力者から、「お前みたいな最低のヤツに」みたいなイヤらしい感じで国内有効の「取り立免許証」みたいなのを渡されると、いきなりパシーンと机に叩きつけて、「詐欺犯人が納めた所得税を回収する!耳をそろえて払っていただきます!」とくる。


もう一つ。


悪い人間をいつか描きたいと思ってます。
その人物は作者である私に、人間の凶暴性や獣性、権力欲の塊みたいに描かれる。尋常じゃない胆力を持っていて、とても誉められた行動をとるキャラではない。出世し、主要人物すらも超えたり殺したりしていく。

でもそいつは酒を飲んで風俗街で娼婦を買い、ひとしきりあったあと(それも相当ひどいことをします)、娼婦たちにしがみつきながら、「農奴どもを救いたい、女郎どもを救いたい」と泣きながら言うんです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marumensite.blog9.fc2.com/tb.php/140-eeb8c442
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。