雑記

親愛なる○○に捧げる

サイト運営縮小の話

cut454.jpg

大変申し訳ありません。
さて、今回は大人社会の厳しさみたいなヤツを一席。



四国へ赴任

まず、ここんとこの経緯から行きますね。
先日、休暇取って家でマンガ描いてたんですよね。わりと日常的な光景としてそれはあって、でも職場には私がマンガ描いてることは内緒なんですけどね。それで次の日仕事場に行くととですね、なんか後輩とか先輩とかがヘラヘラ笑ってるんです。
後輩「マルメンさん、昨日人事課から電話ありましたよ」
マルメン「人事?なに?」
後輩「今日、むこうから電話するって言うてましたよ」
マルメン「なんやろな?」

それでね、うちの会社は四国にある会社と人事の交流があって、毎年1人1年間、誰かが行くんですね。この業界、大きいところは結構どこもそういう交流やってます。で、うちの係のみんなは、休んでる私のいない間に「あいつ四国だよ」って決めつけて騒いでたんですよ。

でも、私もこれを読んでる人に舐められるわけにはいかないから一応言っておくけど、私は職場ではエースとか言われるような頼られるポジションにあって、しかもおおらかな円熟した人格で職場を明るく保つムードメーカーなワケですよ。いくつか業務効率を改善する計画をあげて、業績あげてます。だからね、職場のみんなそうして騒いで笑ってて、「餞別は何が良い?」とか、「ちゃんと壮行会やってやるからな!」とか言ってるけど、実際には「マルメンが四国」だなんて,これっぽっちも思ってない。つまり、冗談で言ってるんですよ。

それで、人事から電話するって話なんだけど、結局夕方くらいまでかかってこないもんで、大した用件じゃなかったんだな、と思った。そしたらかかってきて
人事「とりあえず、今すぐ来てくれる?」
マルメン「はあ」

その人事の、「今すぐ来い」を聞いて、経験ある上司が顔色を変えたんですよ。
行く前に、ちょっとおいでっていう。
マルメン「・・・え?なんすか?」
上司「マルメン君、これ、ホンマかもしれんぞ」

私は「まさかぁ!」と言いましたよ。ま、でも人事に呼ばれるようなことに、寝過ごしで仮病使ったり、こんなブログやってたり、そもそも志望した最大の理由が「安定してこっそりマンガ描けるから」とか、けしからん有様で、身に覚えがないわけでもない私です。

ドキドキしながら人事を訪ねると、NO2の人が出て来て、「別室行こう」って言われる。でもこの期に及んでも、うわ、昨日もサボってマンガ描いてたのがバレだか、戒告レベルか!とか思ってましたね。

それで、まあ別室に入って、四国! って話になるんですよ。
【“サイト運営縮小の話”の続きを読む】