雑記

親愛なる○○に捧げる

障害年金の話1

cut412.jpg

鼻炎に負けず執筆しまくってるイヴの短編。来週くらいからちょっとづつ更新します。マンガは年金と関係ありませんのであしからず。




今日は社会人WEBマンガ描きらしく、社会派な話をします。

最近、仕事はBOSSがタカ派になったせいで色々しんどいこともあるのですが、とにかく私の仕事は現場とお客さんであるし、制度・組織は偉い人に任せて日夜働いてるわけです。客ともめてるバカ窓口担当と交代し、笑顔と誠意で延焼を食い止める窓口火消しも板についてきまして。今の時期、なんというかお客の怒りも一時ほどの激しさは無くなったなぁと思います。忙しさもピークは過ぎまして、土日にマンガ描くくらいにはなりました。


さて年金と一口に言ってもいろいろ種類がありまして、今とりざたされてる年金のほとんどが60~65歳からもらえる老齢からの年金のことです。老齢基礎年金と老齢厚生年金ですね。良く「年金は頼りにならない、だから払わない、ていうか払った分いますぐ返せ」という話聞きますが、民間の保険会社は安心を売る仕事なんだから、そりゃあそう言いますよ。今の水準で給付が続けばの話ですが、
月14,100円×40年(480ヶ月)=676万8000円
生涯これだけ納付して、もらえる金額は 年間79万2100円ですね。
もらい始めて約8年で元が取れて、後は貰い得になる保険商品なんてありえないですよ。もしあったとしても、それなりのリスクは誰かがとらないといけないんですよね。そこへいくと、国家というのは最悪、「税方式」にしてすら給付を保障するはずです。かつて明治政府は、武士の年金みたいなのを止めた結果、萩の乱とか西南戦争とか起こったんでね。そういうのは無いでしょう。

年金というのは「生活に十分な糧」を絶対保障するものではないのですが、「十分」に至るための大黒柱になる。少なくとも数千万円の貯蓄があるわけでないのならば、民間の保険商品のみでは老後の生活は安定しない。老後って今のフリーター以上に収入得られないもんですよ、今は。そのうえ老後は体も弱くなり、年間の健康保険料や税金、医療費はかなり巨額です。こういう説明を毎日してるから前置きが長くなった…。



【“障害年金の話1”の続きを読む】