雑記

親愛なる○○に捧げる

しばらくダメです

WeAreTheKids018.gif

すいません、しばらく顔出せません。

いやーいっそがしいですねー…

言いたいことは色々あるんだけど、私もこれでも守秘義務もあるし、まああれです。大変なんだよね(27歳 公務員)。年金申請免除もピークが来るし、今年は継続免除も大変だ。学生特例は順調だったけど… いや、そんな不安をお伝えするのも、きっとよろしくないことです。私がマンガを出来ない分、世の中すこしだけ上手く回るんだと思ってください。

いやホント、自分の能力を過信してるわけじゃないけど、電算を含めた行政のシステムなんて、私みたいな馬力があって経験ある若手職員が必死のパッチで取り回す状態は本来望ましくないんですよ。凡庸で使えない中年職員や、昨日まで学生だった甘甘シュガーな新人職員でも、どうにかなるようなシステムを構築しなきゃいけないんだ。そこらへんを管理職にもわかってもらいたいもんだ。

しかしこと、ここに至っては泣き言を言ってる場合じゃないし、まあ土日返上くらいはね。だってかつて「社会保険庁か税務署か」と言われるくらい、顧客満足度の低さで有名だったうちの上級官庁が、24時間体制で仕事してるんだもん。そこで私は「マンガあるから」? バカいってんじゃないですよってなもんで。

近況としては、アップグレード狙いでAdobeCS2のスタンダード買いました。15万でした。無償アップグレードシールついてました、イエイ・イエイ! でも、触る時間無い~…(泣)

客ともめた時点で既にミスなんだよ!

cut403.gif

最近はもう、窓口エキスパートになってきた私です。このような大問題に際しても、もめてる窓口にとりあえず私が応じると、不思議なくらいなんとかなるんですよね。解決するしねー。

係長から、「次はどんな職場に行きたい?」って聞かれて、なんとなく自分は窓口仕事が性に合ってるな~と自覚してたので、そういう風に答えてましたら、後輩が「マルメンさんは内部事務や管理より窓口の方が向いてますよね」と言われて。だけどそれって、なんか自分に出世の芽がないと思われてるように受け取れる物言いだったので、とりあえずしばらく後輩をいじっていくことに決めました。

どういう人事基準で人を採用してるのかさっぱり分からないのだけど、完全には人格的に円熟してない人間が窓口に雇用されてる実態があるんですよね。そういう人ほど、窓口において、お客の問題を解決することに全力を注がず、自分にミスと責任が無いことを追求するし、管理職に向かってのみエビス顔です。こういう人、すぐお客と揉めるんですよね。ほんで管理職に「どうしたの?」 そうすると、やれ客が悪い、今のような状況が悪い、そんな話聞いてない、まあくだらん言い訳のオンパレードですよ。で、自分には最終的にミスは無いと言う。んなわけあるかー! お客が怒った以上、もはやその人の心からの信頼を得ることは不可能になったわけでしょ。その時点でもう、どうしようもなくミスじゃないか。

だいたい、自分のスキルを磨き、法律の細かい点も調べ上げ、お客の問題をすみやかに解決して差し上げるのが窓口の使命ですよ。来たお客には「あー、もうこれで大丈夫」と気持ちよく帰ってもらわないといけないです。確かにそこにノルマは無いです。だからって努力するのが面倒と、それじゃいけない。面倒なことでもきちんとやらないと、相手の心が動かないんですよ。

最終回のこと

cut402.gif

著作権違反は良くないことだが、ネットで見かけたあのニセ最終回は涙出た。
ニセにしとくのは惜しいような、作者を漫画界から放逐するのはどうかな、と。

ドラえもんは声変わってからほとんどアニメ見てないのだが、漫画のほうは全巻持ってて今でも読みます。もう、海底奇岩城なんか小3の頃から通算したら、何百回読んだかわかんねー。日本誕生も表紙なくしてボロボロだ。作品追っかけて「T・Pぼん」の未収録探したりとかしてること考えると、手塚治虫とか鳥山明の漫画より好きなんでしょうねー私。

そんな藤子先生のライフワークを、勝手な形で、お金とって終わらせるというのはたしかに罪なことかもしれないけどね、ただ読んだ上で思うのは、ドラえもんの終わりが仮にああであっても、やっぱりドラえもんは永遠なんじゃないかな? 

一方で、アシスタントが作るようになったドラえもんの映画版の漫画(大長編ドラえもん)とかは、本当にもう、どういう風に見ても、やっぱ弟子の作品に過ぎないことがよくわかっちゃう。絵柄はともかくね。単純に見えてたネームの、実際のレベルの高さに驚きますよね。アニメのほうも、声変わって演出過多になったドラえもんが、やっぱり好きになれない。あれはもう、ドラえもんとは言えないよー、と思ってしまいます。

ということで、あのニセ最終回はなんというか、比較的良く藤子先生を再現できてるというか、そういう印象を受けてます。惜しいですよね、あのニセモノが描ける技量なら、なんか新しいひみつ道具のネタもいくつかあるんじゃないか? ダジャレっぽさとおもちゃ感のセンスの結晶。

私は可能ならば藤子先生に生き返ってもらって、新しいドラえもんの載ったコロコロなりてんとう虫コミックスなりを読みたいと思ってますし、だから変質しかかった作品を正当なドラえもんだと言って、キャラクタ商品売って儲けて、まあまあいいドラえもんを著作権侵害で抹殺してはばからない、小学館には不満がある。いやまあ、まだ大目に見てくれてる部類なんだろうけどね…。

サザエさんとかガンダムもそういう歴史を踏んできたのかな?