雑記

親愛なる○○に捧げる

花見だんご~!

cut391.jpg

ウィズウィズブログ見て衝動買い。Dさん、買ったよ~

職場で休暇に旅行行った人が、お土産とかいろいろお菓子買ってくるんだけど、毎回毎回これが全然美味くない。灸まんくらいですかね、「ああ美味しいわ」と思ったのは。

ところが嘱託のおばちゃんが気の利く人で、職場の近所に住んでるからたまにおやつをくれる。近所の和菓子屋さんの和菓子は、やっぱ比べ物にならんくらい美味しいんですよね。私はおばちゃんの息子みたいな年らしく、まあなんにせよ可愛がられることは良いことです。おやつがもらえる限りはいい仕事するし、それにいい子にしてます。

こんな3色だんご(花見だんご?)なんかもらった日にゃ、その日一日幸せな気分で仕事できますよ。ここんとこ残業も多くてやさぐれてるから、またおばちゃんなんかくれねーかな、と思ったりしてます。

電車に乗りながら、こう考えた。

cut391.gif

あ~、株は1,000,000から初めて1,074,755円、
ランキングは115,686中16,625 位でした。まじめにやってる人がかなり少ないゲームです。最後は固有銘柄の金額も、トータルスコアの折れ線グラフも出ないしで、あんま面白くない結末。すんませんね。でも70000円プラスでしたよ~!


本日は人事異動があって、じつは大方分かっていたこともあり、この一週間いろいろあったんだが、とりあえず今と変わらない環境で半年か一年かマンガを続けられることが分かった。とても素晴らしいことである。四国に異動になった同期も居る中では、今日とさして変わらない明日を迎えられることはとても幸運だと言える。

そこで、帰りの電車の中でこう考えた。

職場では、マンガのことは誰にも言えないことだ。
マンガのことは、私の仕事とは完全に切り離して存在している。今回の異動で、私の責任はまたすこしだけ大きくなってしまった。期待されるところが大きい。だから、私が漫画に打ち込むほどに、私の他の部分、例えば仕事に対して、期待し、信頼してくれている人たちに対して、裏切りを働いていることになる。

描くことは、楽しい。だが振り返ってみれば、自分はどれだけのモノを積み上げてこれただろうか? すばらしい思いつきのつもりではじめた、「M74」は現在150ページ、完成はまだまだ先だ。いつか完成したとして、ちゃんと面白いものが出来たら、それはいい。だがもし、いまこうして自分自身が期待しているより面白くないものが出来上がったとしたら、私はちゃんとその結果を受け入れることが出来るだろうか? ラッキーストライクと言う漫画は、そういう意味で何度も何度も作り直そうとして、結局放棄している。

自分はマンガを続けられるのはいつまでだろうか。それはひょっとしたら、今日までだったのかもしれない。今日、マンガを続けられる幸運を拾ったが、それはこの先いつまで続くのかは分からない。とにかく、環境が許す限り続けていこうと思う。でも環境が許しても、自分が満足いく作品が出来ても、社会的責任っていう難儀なものからずっと逃げてきたツケは、いつか払わないといけないんだろうな。

ジャンプの読み方に一言

cut390.gif

イヴは薬学専攻ですが、バイオもケミカルも含めときます。

愚弟と週刊少年ジャンプの話になると、「次はどの漫画が打ち切られるか、それを予想するのが楽しみ」とか言うもんだから、それはちょっと違うんじゃないかと思ったんですよ。

ジャンプの連載マンガはアニメ化ゲーム化が付いてくるような看板マンガは巻頭にあって、人気の無いのが巻末に来ます。この雑誌には無情のルールがあって、それは人気投票の最下位は打ち切られる、と言うもの。打ち切られると、どんなに話の途中でも強制終了。ジャンプ作品の最終回のほとんどがこれでしょう。

思い出に残る打ち切りは、山下たろー君、シャーマンキング、ガンブレイズウエスト、武装錬金、武士沢レシーブ、サバイビー、それぞれ好きだったのに何故か終わった。システムが分からなかったころの山下たろー君は相当ショックだった。逆説的だけど、なんかマンガの最終回が、故・石川賢先生みたいだな、と思ったらたいがいは打ち切りで終わってます(あの先生は、この終わらせ方が一番きれいだと思ってらっしゃったんだろう)。俺たちの戦いはこれからだ。

まあ、これらの作品が単に一時的に人気を失ってただけで、悪い作品じゃなかったのは確かだと思うんですよ。あっけら貫刃帳なんか、リボーンと似たようなもんじゃないすか? それは競争だし、20作くらいあるマンガのうち1つが消える運命にあるってのは年とともに受け入れた。

ただね、残念ながら人間の能力にはどうしようもない壁があって、それは10週の1クールではどうにもならないことが分かってる作品、初回からしてヤバイという作品もあるのはありますよ。楽しみ方もそりゃあ十人十色ですから、そういう言ってみりゃ「面白くないマンガ」を楽しんでみるのもいいですよ。

愚弟なんかが言うのは、「右往左往したり」、「3週目センターカラーで5週目には下位」、「8週目で第1話表紙のキャラ出揃わない」、なんかもう読んでて楽しくてしょうがないらしい。もうこの辺、死亡フラグ立ったあたりで、キラリと光るものを見せた時なんか、「ああ~、惜しいなぁ」と言いながら実にサディスティックな顔をします。「巻末コメント」とかもうマンガ以外のところを見てニヤニヤしてる。

確かに、人が落ちぶれたり狂ったりする様を安全なところから観察するのは面白いと思いますよ。私もマンガでそういうの描くし… でも私はジャンプとかもう雲の上だけど、それでも一介のマンガ描きのつもりだし、そういうのは酷いよな、と思いますよ。タカヤのファンタジー化して再挑戦のとこなんか、愚弟はあざ笑ったけど、私は頑張れと思ったもんです。もうなんかネタが一周して連載作品でもギャグなんかでは「打ち切り」をネタにしてるのも見受けますけど… 私はまだこういうネタ、悲壮に感じちゃってツボじゃないんです。

そういう愚弟なりのジャンプの楽しみ方も良いんじゃないかとは思うんだけど、それでもやっぱり違うと思うのは、そういう「終わりそうなマンガ」は巻末コメントまでしっかり読んで、一挙一動に注目するくせに、安定して終わらなさそうな作品は読まずに飛ばす姿勢です。

今のジャンプで言うと、一生懸命「P2」や今度始まった「バレーボール」読んでるくせに、「ボーボボ」「太臓」「エムゼロ」は飛ばしよる。あ、最近「ムヒョ」読んでるらしい。「うさぎ」は好きだから終わって欲しくないなぁ。

中堅どころの漫画より、散っていく花を見たいのは日本人だからかもしれないんだけどね、だからって中堅どころになんら興味を示さず、ストーリーもおろそかにこれまでまったく読んでなかった「ムヒョ」見てどうするんです? だったら最後まで読むなよ、と思いました。ああ、でも作者のはしくれとして、読まれない漫画の悲しみは理解できるから、最後くらい読まれたほうがいいのか。ああもう、最初ッから読んでやればベストなのに!

上げてよし 下がってよしの 株価かな

kabu0317.jpg

なんていうか、一喜一憂してなんぼの株であって、やっぱ働かないでお金稼ぐのはとても難しいことだということが分かりました。3月23日までです。

仕事してて、窓口にお客さんが来るんですけど、たまに障害基礎年金受給してて、自身も若い頃に国民年金かけてて、65歳超えて両方もらえるんじゃないかと思って聞きに来る人がいるんですよ。これって最近、厚生年金とは両方もらえるケースが発生するようになったんだけど(働く障害者への配慮で)、国民年金と障害基礎年金は相変わらずダメなんです。
その点を説明すると、ガーッと文句いわれることあるんだけど、それはそれでいいんです。とりわけ自分がつらいなー、と感じるのは、なんかこう、恥じ入ったような顔をされる時ですね。なんていうかな、「両方はダメだ」って聞いた瞬間、自分が欲深な要求をしていたと、認識しちゃうんでしょうかね? 

「アホやね私、両方もらえるわけ無いのにね、フフ…」
そういう人は、一方で障害を抱えてるわけで、それはおばあちゃんが欲深なんじゃなくて併給を許してない制度が悪いのにな、と思うのですよ。年金は65歳になっても請求しないと自動的には出さないようなシステムだし、併給不可であることはかなり調べないと分からない。だから窓口に聞きにきはったわけで、だからそんな、罪を悔いるような思いをせんでもええんですよ、と言ってあげたいような時があります。

今宵3度目の大暴落!

cut389.gif

3度目の大暴落を味わいました。今回は米住宅バブル崩壊が原因? 頼みの非鉄もボロボロです。利益10万くらいまで戻ってたんだけどなぁ、ついに元本割れかなぁ…(泣)ああ~。モーゼとともにユダヤ人がエジプトを抜け出してシナイ山の下まで来た時、モーゼは哀れなユダヤ人が金の仔牛の偶像を崇拝してるのを見て、十戒の石版を叩き割ったのですよ。しかしこれ、逆に言うと、ユダヤ人はエジプトから命からがら逃げだしたばかりでも、偶像を作るくらいのの金をもってた。それに引きかえ私は…

>拍手返信 3/13 19時ごろの方
>>ハイホー更新だ! ヘイホー続きも楽しみだ!

なにを浮かれてるんだコンチクショー!

ハイホーヘイホーだとォッッ!?
3回連続で暴落時に換金できてなかった私の、含み益が煙のように消えていく大暴落を、3連続でクリーンヒットもらった私の、なにがハイホーでどこがヘイホーだってんだッッ!?

猛打賞だぞ猛打賞!

…ハァハァ…13…17…19…23…26、ちがう29…(落ち着こうとしている)

失礼しました。かなりいいタイミングでこれまでもらったこと無いくらいおいしい拍手が出てたもので…(笑)
良くも悪くも神降りてますよね、このタイミング。ありがとうございました。次回の更新をお楽しみにお願いします。

いやはや、投資信託で結局5万くらいの損を出しました。
一方、この2月末からの暴落を完全に回避した猛者がいて、それが打ちの伯母です。なんか住友信託銀行の凄腕アドバイザー女性が、なんか敏感に察知したらしい。生き残った含み益でインプラントやるらしいですよ、いいなー。

狂ったようにWikipediaを見る

cut389.jpg

この土日は結構頑張りました。

拍手返信
>3/11 10時ごろのかた

久々に読んでもらってありがとうございました(笑)
そういえばサブリナは爆薬発電機みたいな技術もあるし、やれるかもしれませんね! でもシエスタの代わりにサブリナが来てたら、やっぱ火砲研究所の高コスト問題と、武器作りの倫理問題に着目されて、火研整理ENDですかね。サブリナは社命より自分の判断を尊重しますから。BADENDですよ。


毎日マンガに3時間集中できたらもっとたくさん描けると思うんだけど、MAX3時間のうち、大体半分、ひどい時は全部、なんか遊んじゃうんですよね。このブログもそうなんだけど。毎日電車に乗って帰るとき、「今日の自分はすごい。たくさん描ける。そんな気がする。もう、1日で3~4ページ背景仕上げる」なんぞと考えながら、帰ってみるとアホみたいにWikipediaとか読んでるんですよ。

野球選手とか、サッカー選手とか、実業家とか…でもホント面白いんですよねー。気がついたら、もう夜が明けてまして。まあそんな話。

騰落、毀誉褒貶。

kabu0309.jpg

非鉄株は順調ってとこです。いつ落ちるかわかんないけど、とりあえずゴールは3月20日ごろ。


拍手返信。
>3/8 2時ごろ Mさん 
>>web拍手のドーラム先生がかわいすぎます(笑
ありがとうございます。M73の時の小マンガ、全部アップすることに決めました。M74新作、はじめましたよー!私も負けじと頑張りますぜい(笑)

一方、株のほうはまたちょっとづつ上がってきてて、また自分の選択の良さに自信が持てるようになりそうです。にしても、このバーチャル株やってることについて、「お前マジで才能あるんじゃないの」 → 暴落 → 「才能ねーよ、お前。なに調子乗ってんの?」 → 復調 → 「やっぱ才能あるんじゃねーの、お前」 と、周囲の人の毀誉褒貶がこの鋭角の線グラフのように激しく、まあ要するに、「株」は上がったり下がったりするんだな、という感覚を得ました。

鉄と未来の自動車

cut388.gif

最近ご無沙汰の鉄の技術の話。

「鉄」と言うのは実に優れた素材で、市場でも新日鉄株のはこの暴落の中(今日は一服)過去最高値を更新してるし、最近うちの地元のほうで車止め盗まれたりしてるんですけどね。これって中国にでも送られるのかな?

「鉄は国家なり」ってなことで、現状でも日本の総合エネルギー消費の一割が鉄のために使われてるし、工業出荷品の2割が鉄製品です。もっとこう、新日鉄株だけじゃなく、「鉄」そのものに注目して欲しい。

ということでまたM74で「鉄を錬るということ」の第4編をお送りする作者マルメンとしては、これを読んでくれて、あとちょっと鉄に着目してみようと思ってる人に、これだけは本当に聞いて欲しいんですね。

それは、「他の産業素材にくらべて、鉄のどこが優れているのか」ということです。

鉄と言うと、たとえば「日本刀」や「玉鋼」みたいな、そのたぐいなき強度から、「鉄人」とか「鉄腕」とか強そうなイメージありますし、他にも加工のしやすさとか、強磁性とか、もう様々な有効性や銅・青銅やニッケル、アルミなんかの素材と比べての優位性はもちろんあるんです。

しかしながら、鉄という素材のもっとも優れている点は、そのコストの安さにあるのです。


ということで、最近経済産業省の肝いりで、新日鉄でプロジェクトが動いてるらしいです。「0.1mmの薄さのステンレス鋼版の圧延加工技術の開発」なんですけど、夢のある話。

自動車の車種の中に「燃料電池車」というのがありまして、ガソリンの代わりに水素を動力にして、最終的に排ガスがゼロで、水しか出さない環境にやさしい車。これを作るのに必要なものは、「燃料電池」です。

この燃料電池というのは水(H2O)の電気分解の逆をやります。燃料極と空気極の間に固体高分子膜というのをはさんで、水素イオンを移動させて発電するんですが、あと燃料と空気を隔てる隔壁として「セパレータ」という部品が必要です。このセパレータ、現在は1枚数万円もする炭素素材で作ってます。ものすごく微妙な歪曲面や凸凹の面が必要で、今はこれ以外どうしようもないらしい。

これを、0.1mmステンレス鋼板で作るための技術が開発中らしいです。このためには、高精度の圧延ロール機から開発するんですけどね。というか、技術的にはほとんど確立してて、あとは作るだけらしい。いやでも、これが出来たら1台1億円を超える燃料電池車がものすごく安くなるかもしれない。繰り返しますが、鉄のほかの素材に対する比較優位性は、なによりもそのコストの安さにあるからです。炭素樹脂→ステンレスですよ。どのくらい安くなるか、これ。

燃料電池って、車だけじゃないしね? これがお求め安いお値段で、大量に生産されるようになったら、環境にも良いし、その技術は簡単には中国・韓国あたりに真似できないだろうから、日本の未来は安泰ですよ。頑張れ新日鉄。

春の嵐

cut388.jpg

うおお~!っと言うくらい下げました、今日の株。
575円安、前回のを超えてるじゃねーの?


先日の大暴落から儲け12万→6万になりながらも原資を引き上げまして、そこから何日かのマイナスを経て、ここで底打ったと思って。
それで非鉄金属関連株に計100万円投資してみたんですよ。日経とかでも評判良くて。午前9時から10時までは、最高値更新したらしいけどなぁ、非鉄金属。そっから奈落へGO!です。


考えてみれば、「ここで底打った」の考えになんにも根拠が無かったのかなあ。大見得切ってはじめた非鉄をさっさと引かなきゃダメだろうか?足元の資源価格、特に金価格が下がってるらしい。なんか問題は「円キャリートレード」にあるらしい。うーん?
よくわからん。まあ3月は売らずに持ちます。

いやはや、しかし、なんとも…

「労働の報酬は減り、
資本の報酬は増えている」


この考え自体は現在の世相において、かなり当を得ていると思うのですが、

「労働の報酬を得ることは、
資本の報酬を得るより
安定していて、容易である」


うーん、悲しいなぁ。
いつになったら、私は貧乏のスパイラルから抜け出す糸口を見出せるんでしょうかね…。

バーチャルでよかった~。

3月の株式売買方針

cut387.gif

株カテゴリ追加。過去記事編集しました。

鉄鋼を除いた金・銀・銅・ニッケル・アルミなどの金属関連工業を非鉄金属といいます。年明け以降、ずいぶんこの分野がヒートアップしてきてる模様。暴落前も、住友金属鉱山では随分儲かったんですよ。見切り間違いで逸失した。馬鹿らしい話ですが、もう一回買います。

つまりは金などなど金属資源です。暴落の損失をひっくり返すようなラッキーストライクを狙います。鉄鋼系からバトンタッチ。金鉱採掘なんて、こんな熱い仕事は他に無いと注目し、大学時代に描き始めたマンガが「ラッキーストライク」でした。一応、本業だったんですよね、このサイト的には。非鉄関連の企業としては、住友金属鉱山、三菱マテリアル、日本軽金属、DOWAなど。鉱山、精錬による一次加工に重点を置きます。そういえば、かつてこの業界に就職活動したことあります。落ちたけど(笑)

黄金というのは実に不思議な金属で、人を魅了する以外の能が無い。宝飾と金融原資となる以外の他の産業用途が、ほとんど無かったんですよ。だから20世紀にいたるまで、基軸通貨の資格があった。通貨と金の関係は面白いです。

第8話始めますね~

cut386.gif

30過ぎの女性ばっかなんですよ、『M74』。

今週表紙だけ、しばらく週1ページくらいしか無理ですが、『M74』の第8話、「“鉄を錬る”ということ 4」を更新開始します。たくさん描けたらいいんだけどなぁ。10月末に7話が終わったこと考えると、もう半年くらいほっといたんだな? まあ頑張ります。
一応、前回までの流れですが、

1) シエスタは火砲研究所を救うため、一ヶ月以内に新型火砲を作らなければならない。

2) 新型火砲は、シエスタの鋼鉄を使い、現在世界最高の火砲「アームストロング砲」を射程、威力で上回る長距離射程大型砲にした。シエスタは試作砲を会議にかけた。

3) この会議で、新型火砲に採用した「旋条砲身」(ライフル)という技術に、砲身破裂の危険性があると指摘された。

4) アジオが火研にもぐりこんだスパイを追っている。

こんな感じです。色々がんばります。


あと、愚弟がPS2のゲーム「ひぐらしのなく頃に」にはまりました。ほとんど寝ずに3日ほどプレイし続けているようです。このゲームはゲーム性が皆無で、ひたすらテキスト読むだけのゲームなんですが、この熱中性、本当に良く分かります。多分、途中で寝たら確実に「金縛り」になるから、寝るのが怖いんだと思います。

買ってきた日に序盤だけ私がプレイするのを一緒に見てたんですが、最初のハードルである「鬼隠し編」の、レナとのぬる~いラブコメギャルゲー味を見て、
愚弟「これは、一緒にプレイしてて楽しいゲームでは無いな」
マルメン「うん。ごめん…」

それで、そのあと木・金と休みだった愚弟は一人でプレイし続けていたらしく、そう推察できたのは私が仕事行く時やってて、帰ってきてもやってたからなんですけど。
金曜の晩はなんか私の部屋に入ってきて、
愚弟「あの、『目明し編』終わったんだけど」
マルメン「うん」
愚弟「この…この思いというか。ここまで読んだ者としての感想として」
マルメン「うん」
愚弟「見事にやられてる。これって、別に恥ずかしいことじゃ無いよな?」
マルメン「普通、そうなると思うわ」

とりあえず3月決算。

kabu0301.jpg

とりあえず、全部売ってみました。

暴落の少し前に銘柄入れ替えを行い、松井証券を売ってスズキと三菱ガス化学を購入。これは良かったか悪かったかと言うと、ハッキリ言って悪かったかも。暴落を受けて強烈なパニックを経験し、全部売る。で、今は落ち着いてこの一ヶ月間の損益を見てみた。

利益6万円を確保というところ。
最高潮、12万の利益出てたのが、一日にして半減。あっはっは、怖い怖い(笑)

でもトータルプラス6万円でこのまま手仕舞いしても、一ヶ月の収益としては、そう悪くはないような気がしますよ。ソニー、住友金属鉱山、新日鉄、それから2日で下落直前に上手に売れた松井証券で大きく利益出てます。やっぱ鉄と資源のブームに乗れたのは大きかったんだと思います。個人的には、暴落後もソニーで利益出てたところが、とても誇らしいというか。みなさん、私はソニーがとても好きです。

まあでもバーチャルですからね、売りたい日の終値で引き取ってくれるし、「誰も買ってくれないよ~!」みたいな状況はない感じですかね。そこは割り引いて考えないといけないけど、まあでも、やっぱそれはバーチャルですからね。


バーチャルのこっちのほうはいいとして、リアルで買ってた投資信託の方は大変なことになっちゃってましてね。100%海外株だから… これは本当にやばいことになりました。PS3が買えるくらいは損しましたよ。