雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコと健康の話

cut355.gif

受動喫煙「悪くない」記事で 週刊現代がポストに噛み付く


こんなニュースを読んだ。要するに、「タバコは体に良い」と書いた記事があったんですよ。受動喫煙をしている子供が、肺ガン発生率低いらしいという結果が出た。それに対して、各方面からそれは「ウソ」だと批判が出た。

それは批判も出るでしょう。常識を疑いますからね。週刊ポストの良識も疑われます。「タバコは百害あって一利なし」、それが常識。

記事からの引用になりますが、「ウソ」と言われたデータというのは
世界保険機構(WHO)付属の研究機関「国際がん研究機関」と、カリフォルニア州立大学が調査した、1988年から1994年までの7年間で欧州7カ国で650人の肺ガン患者と1542人の健常者を比較、またカリフォルニア州で成人男性で喫煙し、その妻が全く喫煙しない家庭35.561人を1960年から1988年まで39年間追跡調査したもの。


それで統計結果として、「成人同士の受動喫煙の影響はなく、肺がんの発がん率を高めない」、「両親がヘビースモーカーの場合でも、子供時代の受動喫煙は肺がんの発がん率を低下させる」ということが分かった、というものでした。


これが日本禁煙協会が週刊ポストに厳重注意して、このデータは「ウソ」だと言ったんですけどね。「ウソ」である根拠というのは、「650人はいかにも少ない。実態と逆のデータが出る可能性がある」ということ。それから、「カリフォルニア州立大学のデータは、うさん臭いと評判のデータ」ということなんですけどよ。


私が言いたいのは、データ公表を世におもねって隠したWHOへの批判でもないし、標本数の少ないデータも多いデータも難癖つけて「ウソだ」と言う日本禁煙協会への批判でもないですよ。


タバコ、煙、受動喫煙が大嫌いな方々は、このデータの真偽はともかく、イヤな思いをされたことでしょう。だって他人のタバコの煙なんて吸いたくないし、子供に煙を吸わせるなんてもっとイヤだ。私だってそうですよ。もし子供が出来たら、このデータが正しくて子供にレジスト肺ガンの能力をつけるんだとしても、子供の前では吸いたくない。(特に格好をつけたいときでもなければ)

私が言いたいのはそういうことです。
鬼の首でも取ったように、こんなデータを盲信したいんじゃない

この記事を読んだ非喫煙者の方は、健康が好きですか?
タバコを吸わない自分が好きですか?
世の中の強制禁煙ムードを、勝ち誇ったように見ていますか?

「子供を肺ガンで殺したくないなら、子供の前でタバコを吸え」と、この記事のデータは言ってるわけで、ならば当然そんなものを読むのは不快です。

私たち喫煙者は、それが毎日です!!
毎日毎日、好きなタバコを止めろと言われてるし
なにしろタバコのパッケージにそう書いてあるんですよ!



私はそういうことを言いたいんですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。