雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間湯沸かし器

cut336.gif

また珍しくWEB拍手コメントいただいて、でも「頑張ってください(ry」てあった。「略」ってこれ、一番欲しいところ略されたな~と思いました。ありがとうございました。

職場で回覧来てて、某メーカーの瞬間湯沸かし器が危険かもしれないし、メーカーも探してるから協力してあげなさい、という通達ありました。というもののピンと来なくてね? 

怒りっぽい人のことを「瞬間湯沸かし器」って言うじゃないですか。で、「瞬間湯沸かし器」ってマンガ表現で絵のようになるじゃないですか。あの~、マンガ「帯をギュッとね」のなんとかさん。「巴投げ」の宮崎のタレみたいな。

ああいうのが頭にあるから、電気ポットみたいなのを想像しちゃうけど、本当は台所とか、お風呂の外にある大きいやつなんですよね。つまり、蛇口ひねるとお湯がでる、その元になってるやつ。蛇口とつながってるやつですよ。あれは湯気をもうもうとはき出すモノじゃないし、音も鳴らない。だからよくよく考えてみると、この絵の表現はひいき目に見てもヤカンの表現なんですよね。実際の瞬間湯沸かし器を見て、「怒りっぽい人」というイメージわかないしなぁ。


同様に自分の中でイメージしきれてなかったモノとしては、「パウチ」というのがあります。紙を真空パックみたいにして、説明用ボードに使うアレですね。ラミネートって言うのかな。

こないだ国体の時、係の人がすごく良く「バスの時刻表をパウチしたモノを持って行きます。パウチしてないモノも100枚もっていきます。パウチしたモノとパウチしてないものをそれぞれ用意してます」と、何度も何度も「パウチ」「パウチ」というもんで、私は意味が分からないなりに、なんかもうその「パウチ」という言葉が面白くなってきて、何故か電話で笑ってしまうという、変な状況になりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。