雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープインパクトにご執心

cut329.gif

ネタがあるときは書きますね。

無敗三冠馬で、今回凱旋門賞に挑戦するディープインパクト。うちの親父がご執心です。元から三度の飯より競馬好きなうちの父で、かなり上手です。職人芸のレベルになってきて、ここ何年かトータルプラスを出すくらいです。ただ、これまで三冠馬やエルコンドルパサーなど海外挑戦した馬はいましたが、特に興味なくそれより最終レースの結果が気になるといった感じの父。それが、ことディープに関してはすっごい熱く語ってるんですよ。

父は背が低いことにややコンプレックスを持ってるようで、そういう意味でこの比較的小さな馬が空を飛ぶように駆ける姿に、なにかを感じてるのかもしれませんね。

どっかの旅行会社が企画した凱旋門賞応援ツアーに参加したかったらしく資料を集めてまして、ただそれが初日完売になって行けず、結局その金で歯のインプラントしたんですよ。そりゃ悪いけど、行けなくて正解だと思います。

というわけで今日、日の変わる頃にNHKで中継ありますんで、見ようかと思ってます。親父があんまり凱旋門・凱旋門、その賞と競馬と貴族の歴史がどうの、そこへ厚かましく乗り込んでいく日本人のマナーがどうのと言うもんだから、私はうるさくなってきて、

「凱旋門って、なんで城壁もなく門だけがぽつんとあるの?」

って聞いてやったら、遠い目をして黙りました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。