雑記

親愛なる○○に捧げる

瞬間湯沸かし器

cut336.gif

また珍しくWEB拍手コメントいただいて、でも「頑張ってください(ry」てあった。「略」ってこれ、一番欲しいところ略されたな~と思いました。ありがとうございました。

職場で回覧来てて、某メーカーの瞬間湯沸かし器が危険かもしれないし、メーカーも探してるから協力してあげなさい、という通達ありました。というもののピンと来なくてね? 

怒りっぽい人のことを「瞬間湯沸かし器」って言うじゃないですか。で、「瞬間湯沸かし器」ってマンガ表現で絵のようになるじゃないですか。あの~、マンガ「帯をギュッとね」のなんとかさん。「巴投げ」の宮崎のタレみたいな。

ああいうのが頭にあるから、電気ポットみたいなのを想像しちゃうけど、本当は台所とか、お風呂の外にある大きいやつなんですよね。つまり、蛇口ひねるとお湯がでる、その元になってるやつ。蛇口とつながってるやつですよ。あれは湯気をもうもうとはき出すモノじゃないし、音も鳴らない。だからよくよく考えてみると、この絵の表現はひいき目に見てもヤカンの表現なんですよね。実際の瞬間湯沸かし器を見て、「怒りっぽい人」というイメージわかないしなぁ。


同様に自分の中でイメージしきれてなかったモノとしては、「パウチ」というのがあります。紙を真空パックみたいにして、説明用ボードに使うアレですね。ラミネートって言うのかな。

こないだ国体の時、係の人がすごく良く「バスの時刻表をパウチしたモノを持って行きます。パウチしてないモノも100枚もっていきます。パウチしたモノとパウチしてないものをそれぞれ用意してます」と、何度も何度も「パウチ」「パウチ」というもんで、私は意味が分からないなりに、なんかもうその「パウチ」という言葉が面白くなってきて、何故か電話で笑ってしまうという、変な状況になりました。

国体奮戦記

cut331.jpg

青い海と秋の陽光の下で。
10月6日~9日の4日間、国体の仕事してきました。

休日出勤した分の代休を今日もらい、振り返ってみるとGoogleはYouTube買収するわ、北朝鮮は核実験を行うわ、Web拍手でコメントいただいてるわと大変世の中動いてたみたいです。拍手ありがとうございました。



cut334.jpg


今回の国体では、プレ大会の時に引き続きヨットセーリング会場の駐車場警備班として命令もらいました。去年と大きく違うところは、駐車場警備の責任者が私だったと言うこと。なんとぺーぺーの私が2人の社員と8人のボランティアさん、ガードマン4人を指揮する立場にある。ていうかね、社員のうち1人は50代のおっさんなんですけどね、何故か私が責任者になってやがんの。

各地にある駐車場の統括責任者は別にいて、その人はしょっちゅう回ってくるけど、現場で起こったトラブルなんかは私の所へ全部来る。で、トラブルは頻発するし、ボランティアさんたちってのは色々いて、快く協力してくれる人もいれば、注文の多い人もいる。全てに答えることは出来ないので、ある程度は苦情を自分の腹の中に溜めておくようなことが必要。


実際トラブルは頻発します。
駐車場から歩いて堤防へ出て、そこに設置した観覧席からレースを観戦するようにしてるんですが、釣りのお客さんが多い。いまはイワシ、アジ、サバ、サヨリ、ソーダカツオが釣れるらしく、家族連れで堤防は満席に近い状態でした。

cut335.jpg


例えば、観戦用臨時駐車場は私営駐車場を100台分ほど借りてやってるんですが、自動ゲートの私営駐車場が釣り客だけでいっぱいになってしまい、臨時駐車場の臨時をサッカーグラウンドに作ることに。この辺の判断、グラウンドと駐車場の運営元への連絡・相談、調整をします。また、安全面から誘導などの人員配置考えないと。大変でしたが、良い経験になりました。


これともう一つ大変なのが、ボランティアさんに機嫌良く仕事してもらうこと。実際のところ警備ってのは、「そこに立ってないといけない」タイプの仕事ですから、ボランティアさんの高い士気と相反する所があります。でもそれは、上の方が決めた配置なんだからしょうがないんですけどね。

銃剣道体育協会のじいさんがボランティアに来てて、なんでも元自衛官のうえ、銃剣道だけじゃなく若い頃は空手、柔道、剣道、合気道全て併せて20段くらいある。道場でスペイン人とフランス人を半殺しにしたことがある。私は「ほんまですか~、すっごいですね~、ハハハ」と適当に相づち打ってましたが、なんかもう突然、関節技決められましてね。なんで強い人って、ああいうことするんだろう?
手加減されてるから関節は痛くないけど、握力強すぎて取られた腕が痛いんですよ。こういう人は、もっと適所に配置するべきだよね。人命救助とか、来賓の方々のガードマンとか。

cut332.jpg


ヨットセーリングという競技そのものも、堤防を歩いていた選手の人に色々教えてもらったんで詳しくなりました。風を見て走るんだそうな。ナウシカみたいです。


太田総理(全国)とそこまで言って委員会(ローカル)

cut330.gif

日テレ系で珍しいゴールデンの討論バラエティとして「太田総理と田中秘書」ってのが全国ネットで存在し、一方大阪には休みの日のお昼の良い時間帯に「たかじんのそこまで言って委員会」というローカル番組があります。両者の差に驚くべき実態があるんじゃないかと妄想してます。どっちも、そんなに熱心に見てるわけじゃないんですけども。

「そこまで言って委員会」はなんでも東京以外の全ての地域で高視聴率を取る番組です。東京以外、ってやつが本当に大事なところです。この番組は東京では放送されてません。たかじんが露骨に東京を嫌ってるかららしいんですけど、放送禁止用語を連発し、世の中の本当に言いにくい部分をさらけ出す、なんというか、悪意に満ちた正直さが伝わってくる番組です。地雷を踏みにいく気持ちにあふれた番組。もちろん、ある程度のコントロールはされてると思いますけど、ここまで踏み込んでる番組は無いな~と思う。

でもやしきたかじんの司会が、いわば鳥肌実のような「タブー芸」じゃないあたりは、別の番組でたかじんの行う視聴率予想が気持ち悪いくらい当たることを見てれば良くわかります。たかじんには、そういう世の中を見抜く才能があるんだと思います。


一方、「太田総理」という番組は視聴率は知らないが全く持ってひどい番組。あれは一体、なんなんですか? 太田の自爆気味の小気味よい演説を反対論者が黙って聞き、たまに納得したようにうなずいているのを見せるような番組ですか?それって、洗脳に近いですよ~…涙ぐみながら喋ってやがるのが実にかんに障る。毒混じりのボケを放つ爆笑問題の太田光は、ギャラ抑えてまでメディア露出を狙うという芸人としての高潔さがあるし、さすがの腕があるし、大好きな芸人なんですが、この太田総理は大嫌いですね、私。

なんていうか、あの番組は善意に満ちたウソで塗り固められてますよ。地雷は一切踏まず、安全圏からしか喋ってないです。あの番組で、日テレで山口県の19歳殺人少年の実名晒した件が討論されてましたが、それに賛成する論者も一切を「少年A」とかで通してるし。せめて放送禁止用語の音でも出さないとリアリティ無いよ。あげく、討論もひとしきり終わったあたりで、太田総理の例のメッセージトークが始まるわけで、これがまた理想に満ちたファンタジートークですよ。コリン星の話でも聞いているようです!アホか!しかもそれを反対論者までが熱心に聞いてて、自然こっちも太田が良いこと言ってるように聞こえる。もうさ~、いっそバックで感動的な音楽でも流して、駄CMで駄OLが誉める駄映画みたいに無理矢理行けばいいのに。「命を大切にしない奴なんて大嫌いだ!」


愚弟曰く、「委員会」の限界は橋下徹のトーク術に見えていて、例えば平和の立場に立った橋下が戦争賛成論者に突っ込まれ、逆ギレ風に「ああ、そうですよ!北朝鮮にどんどん拉致して欲しいですよ!」みたいな方法で、上手いこと避難しとるとのこと。確かにな~と思いますね。

そこは好みの分かれるところだとも思いますが、真摯な振りしてウソな番組と、不真面目にしながら正直な番組、私は前者に近いキャラで世の中渡っているから、後者の方が好きかなぁ。どっちがジャーナリズムか、報道か、なんて問いは、両方ともの番組がバラエティだからこの際ナンセンスなんです。

国体へGO!

cut328.gif

FC2のブログ日本一はちょっと嬉しいけど、たまに重いの何とかして欲しいな・・・HPスペースも実は限界近く、時期を見てM74の一部かLuckyStrikeをどっかに移そうと思案中。

早実と駒大の大一番見て若干認知度あがった感じですが、H県で国体やってます。で、そこへ仕事でかり出されます。

この大会は日本全国持ち回りなんで、うちも47年に一回しか開催を体験するチャンスがないです。だからやりがいとかは感じてますけども、正直この3連休、「PSU」の本サービスも始まるし結構楽しみな所なんですが、去年同様臨時駐車場の警備に行ってきます。サイト更新はしますよ~

やってる競技が野球やサッカーなら結構やりがいあるんだけど、私ん所の受け持ちはなんていうか、「金持ちの道楽」ってかんじのスポーツで・・・わかりますかね、棒や球や野原がありゃ誰でも出来るスポーツじゃなく、高度な教育を受けて、高価な道具を買って維持して、安全にも注意してっていう・・・ヨットセーリングっていうんですけどね。私は漁師の家系の子として思うんだけど、海は魚を捕るとても危険な場所なんですよね。

だからこういう競技、貧乏人の私にはちっとも共感できないんですよ・・・。でも私情をはさまず、頑張ろうと思います。駐車場、高級車ばっかりですよ!もう!

ディープインパクトにご執心

cut329.gif

ネタがあるときは書きますね。

無敗三冠馬で、今回凱旋門賞に挑戦するディープインパクト。うちの親父がご執心です。元から三度の飯より競馬好きなうちの父で、かなり上手です。職人芸のレベルになってきて、ここ何年かトータルプラスを出すくらいです。ただ、これまで三冠馬やエルコンドルパサーなど海外挑戦した馬はいましたが、特に興味なくそれより最終レースの結果が気になるといった感じの父。それが、ことディープに関してはすっごい熱く語ってるんですよ。

父は背が低いことにややコンプレックスを持ってるようで、そういう意味でこの比較的小さな馬が空を飛ぶように駆ける姿に、なにかを感じてるのかもしれませんね。

どっかの旅行会社が企画した凱旋門賞応援ツアーに参加したかったらしく資料を集めてまして、ただそれが初日完売になって行けず、結局その金で歯のインプラントしたんですよ。そりゃ悪いけど、行けなくて正解だと思います。

というわけで今日、日の変わる頃にNHKで中継ありますんで、見ようかと思ってます。親父があんまり凱旋門・凱旋門、その賞と競馬と貴族の歴史がどうの、そこへ厚かましく乗り込んでいく日本人のマナーがどうのと言うもんだから、私はうるさくなってきて、

「凱旋門って、なんで城壁もなく門だけがぽつんとあるの?」

って聞いてやったら、遠い目をして黙りました。