雑記

親愛なる○○に捧げる

バックボーンの設定とか

cut175.jpg

クラン「ウイング!何する気だ!?」

ウイング「肉薄かけるに決まってるでしょ!兄貴、援護して!!」

クラン「…冗談だろ!?うちの火砲じゃ、あいつの正面装甲は抜けないよ!!」

ウイング「…至近距離で直撃させれば…!!」

クラン「とどまれ、ウイング!あの装甲はケタ違いだ、側面だって抜けるか怪しい…技術力が違うんだよ、うちの火砲はやっぱり2流なんだよ!!」

ウイング「認めない!!そんなの、絶対認めないわ!!」




……四六時中こんなこと考えてるんですが、食い扶持稼ぐばかりじゃなく、けっこう世の中の役に立ってるつもりなんですよ。