雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイジオブエンパイア3

cut165.jpg

「愚か者のフランス人め!イェニチェリの石弾砲で、コンスタンチノープルの二の舞にしてやる!」

もう先週の話になってしまいましたが、仕事から帰ろうとすると、ニートの愚弟からメールが入りました。

愚弟「『エイジオブエンパイア3』、買っといたで。」
マルメン「…それ、誰のお金で?」

多くのゲーマーを唸らせてきた、なんていうか、こういう感じのゲームの決定版「エイジオブエンパイア」の最新作が、ついに日本語版がでたということでね。私も1、2と一応やってきました。アクション起こすと色々喋るんですけど、港で船作って「フネーイ!」と言う時は笑いました。それって1の話ですけど。

今回、舞台が15~19世紀のアメリカで、植民地の争奪戦を繰り広げると言うことで、なんとも私のために作られたような感じではありませんか!しかもアメリカの歴史に出てこないはずのオスマン帝国までしゃしゃり出てくる。オスマン帝国は火砲に関しては、実に先進国なんですよね~

今回は英・仏・独・西・蘭・露・葡にオスマン帝国(※オスマントルコは名称としてはあまり正しくない)などのホームシティを選択し、文明技術は特色に応じた発展をするようです。フランスは交渉が上手、オランダは銀行を持つ、などなど。

洋ゲー発展してきて、国産振るわず悲しい中、ひとつ憂さ晴らし出来るのはXBOX360の低迷ですけども、マイクロソフトを舐めちゃいけません。えらいゲーム作りよる。

っていうかね、取扱説明書を読んで一番驚愕したんですわ。
「このゲームの目的」という項目なんですけども、

「エイジオブエンパイア3の目的は、他の文明を全て征服する強大な帝国を築き上げることです」

コーエーのバカ、見習えよ!
無いわ、本当に無いわ、こういう発想、日本に。
「文明」を「征服」ときた。
驚いた。なんたる強欲。そういう欲求を持ってモノ作りするヒト、日本にいますか(笑)
いやすごい。いや驚いた。


そんなこんなですが、案の定買った初日しかやらずに、積みゲーとなりました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。