雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国体奮戦記 前編

cut090.jpg


10月7日~10日の4日間、某市ヨットハーバーにて「セーリング」という競技の国体プレ大会がありました。帆のついたヨットでレースするんです。当然このマルメン“2代前まで家業が漁師”ライトにも動員がかかり、そこは私も「海の男の末裔」として勇気りんりんで働いてきました。潮風と冒険が私を呼ぶのです。

とりあえず運営関係者は朝6時30分に集合なんですが、遠隔地に住む私は始発電車に乗るため、ギリで朝4時起きということになります。これはかなりきつかったです。帰ってマンガなんてそんな余裕無かったです。それでも始発に間に合うだけまだマシと言うもので、自動車ということになると…高速代が往復1500円もかかるし、下道でいってもガス代がバカにならん。

しかし朝の海は気持ちが良いものです。

cut091.jpg


秋のセーリングは素晴らしいと思います。日差が強くないし、風はさわやかで空が高いです。ヨットマンたちは海のある土地、遠くは秋田から艇を運びます。


cut087.jpg

cut086.jpg



しかし残念ながら私は臨時駐車場係なので、会場から離れなけばなりませんでした。
続く
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。