雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週分アップしました

cut031.jpg

1861年、南北戦争勃発の引き金になったサムター要塞は、サウスカロライナ州チャールストン港にある。サウスカロライナは南部。現在の日本の米軍基地と比べれば、アメリカ国内なのに比較にならない状況だ。想像できるだろうか。

すでに南北の対立は極限に達していた。サウスカロライナ州は1860年12月に連邦を離脱。サウスカロライナ州知事ピケンズは、ワシントンに使節を送り、連邦守備隊の撤退を迫った。使節はブキャナン大統領が接見を拒否したが、非公式に「現状維持」の約束を取り付けた。

緊張が高まる中、現地の連邦軍(北軍)守備隊隊長ロバート・アンダーソン少佐は、部隊をサリヴァン岬のムールトリー砦から、海上に浮かぶ堅固な要塞島であるサムター要塞へ移した。ムールトリー砦での防衛が不可能と判断してのことである。

アンダーソン少佐が当地守備隊を拝命したのは、彼の父がアメリカ独立戦争時、ムールトリー砦を守って戦ったと言うこともあったが、アンダーソンは南部生まれであり、かつて黒人奴隷保有者であったことから、いざ開戦の時にはおとなしく降伏を選ぶであろう、との思惑があったとされる。

しかし、攻略不可能とされるサムター要塞に、守備隊が移ったことに、住民側が激怒する。連邦軍本部はアンダーソンに「現状維持」を強要したかったであろうが、(それは要するに死ね、ということなのだが)結局はアンダーソンの裁量の許す範囲であるとした。その間、サウスカロライナ州軍はムールトリー砦他数箇所に、サムター要塞を射程距離に収める砲台群を建設する。一方、アンダーソンの守備隊も未完であったサムター要塞の建築を完成させ、砲門もいくつか追加した。

そして1861年3月4日、リンカーンが大統領に就任し、その就任演説で南部にある連邦領土を「保持する」と誓う。南北両陣営のスタンスは決定的なものとなり、開戦は避けられなくなったのだが、その頃にはサムター要塞内の物資が欠乏し始めていた。開戦の汚名を着たくないリンカーンは卑劣にも「サムター要塞に物資を送る」作戦を南部に伝えた。

南部大統領デーヴィスに派遣されたボーレガード准将は、サムター要塞攻略指揮を引き継いだ。デーヴィスはボーレガードに、「サムター砦を降伏させ、出来なければ粉砕せよ」と命令を下す。かくして1861年4月12日午前4時30分、南軍砲台から飛び出した砲弾が、南北戦争の開戦を告げた。
スポンサーサイト

何してるか。

cut030.jpg

アジオ・コクー。第2話から登場予定。
設置以来、WEB拍手いただいてます!
ありがとうございます、頑張ります!

朝3時30分に起きてブラジル戦を見る。超感動する。たかだか2・5時間早起きして、これほど感動を得られるなら安いものだと思った。今とても眠い。今でも私の中では、あの試合は3対2の勝利であり、コンフェデ敗退の戦犯はギリシャ戦で圧倒的にスピードで勝りながら大量ゴール奪えなかった玉田である。玉田さえゴールしていれば、得失点差で引き分けても準決勝に進めた。このことから「戦犯」と言うのは、安全なところから見ていた傍観者たちが、納得できない敗北の責任をなすりつけるために作り出した偶像と言うことがよく分かる。

電車で「男たちの大和」を読了する。大艦巨砲の終焉を、人物の回想をつなげていくことで描いていく大作だった。映画は必ず見ようと思った。
「主砲の口径は、貴様らは知らんでもいい!とにかく世界一だ!」
山本五十六、森下艦長や飯炊き丸山、機銃の内田など様々な角度から「大和」を丁寧に描かれると、あの映画で巨大セットを作りたくなる気持ちが分かる。東京駅と同じ全長400メートル、艦橋の高さが18階建てビルと同じ「大和」。ここを走り回る映像が浮かんでくるような感じだ。

ファンタジーは鉄分が足りない

cut027.jpg

こういうものを描くと必ずどこかが歪む。ただ、描くとだいたい満足する。日露戦争の決戦兵器「28榴」であるが、これをシエスタが組んでいる絵はいささかオーバーテクノロジーである。それもファンタジーであるが、だいたいそんな感じのマンガである。

ファンタジーに鉄分が足りないってのは、「血が赤いのは血の中に鉄が含まれてるからですよ」ってなことである。絵の具じゃないんだよなあ。
例えば、大長編WEBコミックで「戦記」が結構見られるけど、単にパーティバトルじゃなく「戦記」で描くんだったら、やっぱ「○○作戦」とかあるべきじゃないか。あったらいいんじゃないのか?戦争ってのはそれ自体が華なんじゃなく、戦争の中で見事に決まる「知恵と勇気の結晶」が「作戦成功!」という華なんじゃなかろうか。「戦記」を描いてる人は、きっと根本的に戦争が嫌いなんだろうなーと思う。(あつみけーすけさんを除いては)
別に少女じゃない人が少女マンガ描いてもいいんだから、戦争が嫌いでも戦争描いてくれりゃ良いんだけど、ま、結局作者の力量だな。今ある大長編「戦記」も読んでみて、そういうところが気になった以外はおおかた満足出来るし…でも一遍「戦記」作家さんには近代戦争の著名な作戦を研究してもらいたいなー、と思います。

みんな!ちょっとこれ読んでみなさい!

bunnsyo001.jpg

※文書は平成17年6月某日、某市年金窓口に提出されたもの

某日、30代くらいの男性が窓口を訪れた。男は全く尋常ではない様子の男である。音漏れする大型ヘッドホンにニット帽(初夏だ)、牛乳瓶メガネに真っ黒に日焼けしている。ラッパーでなし、ヒキオタでなし、どうにもアンバランスである。嘱託の窓口係が受け付ける。
マルメンライトはその時「若年者納付猶予」というニート対策の仕事をしていた。身内にニートが居るとそういう星回りになるのも頷ける思いだった。
窓口でスットンキョーな声が上がる。その男である。役所では、別にありふれた光景だが、本当に忙しい人と巻き込まれたくない人以外は、背伸びしてその光景を覗くのだ。私は巻き込まれたくない派である。

悪い予感が当たる。
困惑した嘱託さん「…あの…マルメンさん…」
さらに困惑顔のマルメン「あ・・・はい・・・」

そこからむこう1時間近く、この男と私の間で不毛なやり取りが続いた。
とりあえず、私は障害者年金係なので、こういう時にスケープゴートとして呼ばれる。とりわけ精神の障害者は、本人が来るともめることが多い。しんどい仕事だ。いつもアイスホッケーのスティックを持ってくる人も居る。それを死神の鎌みたいに構えている。たいがいの場合、本人は正常なつもりで居るので、この場合「精神の障害者」でない。「客」である。医療の限界ではあるが、そうしたものである。

客とのやり取りに関して、個人情報に当たるので大して説明することが出来ないが、突然この男が紙とペンを要求したので、渡してみるとこれを書いて渡した。ここで、もう一度文書を見ていただきたい。

bunnsyo001.jpg


これをご覧の皆さんは、「ある程度こういった内容の話が進み、(我々の怠慢などに)業を煮やした男がこれを書いて渡した」と思われるかも知れない。

真相は全く違う!この文書は書かれている内容と何ら脈絡の無い話をしている最中に、突然書かれたものなのである!具体的に言うと、先住所地での戸籍の説明をしていた。皆さんは、たった今2人で世間話をしている最中に突然、相手が話を断ち切って文をしたため始める、という経験がおありだろうか?私は男が文書に向かっている間、男がテーブルに置いたヘッドホンから大音量で音漏れする音楽を呆然と聞いていた。

男はある程度騒いだあと帰ったが、文書はその場に残された。私が持ち帰った次第である。


bunnsyo002.jpg

私は文学部卒である。
川柳を専攻していた。5・7・5の文体にはリズムがある。
始まりと終わりは、長い文章においても、文章の大部分を決定してみせる。

bunnsyo005.jpg

全く、秀逸としか言いようが無い。男は自らがSEであることを
大変強調していることが分かる。SEを卑下する気は無い、高度な仕事だ。ただ、男がこの「SE」を「エスエー」と発音していたことが多く思い起こされる。

bunnsyo003.jpg

このあたりは「SE」ならでは、であろうか。
見事に改行が行われ、エレガントですらある。
文全体を通してみて、この文章が大変プログラムのような巧緻さで作られていることがわかるのである。

たとえば一見、これは明らかな誤りであるように見える箇所がある。
bunnsyo004.jpg

しかしながらこの表現が「り」を送り損ねている、と考えるには早計だ。関西には「きっちり~する」のほかに「きちっと~する」といった表現があるからだ。ここに大きな仕掛けがある。起承転結で言う「転」の部分である。この場合、「きっちと」はどちらに持っていっても間違いであるからだ。しかし、これによって文章により目が注がれる。いかに優れた文章であっても、読まれない文章に価値は無いからである。

そして「しろ」の命令形。プログラムで言えば「GO」に当たるのだろうか、有無を言わせぬ強制力を持っている。

bunnsyo005.jpg

ただ最後はなぜ「桃井かおり」調なのであろうか。
シュールである。最高の形でオチを持ってきて、含みまで持たせることに成功した。
「SEは」「そう」「思う」。

マンガ作成会議

cut026.jpg

色をつけるとキースカッコよくなった。

土日かけてマンガ描いて精根尽きる。
録りだめしておいたよゐこ有野の「ゲームセンターCX」を見てひとしきりストレスを抜いたあと、愚弟の部屋に押しかける。

愚弟「『ゲームセンターCX』、コナミワイワイワールド攻略編面白かった?」
マルメン「・・・ニートのお前に、立派な社会人の私が頼む。アシスタントをやってくれ…!!」

愚弟はにべも無く断ろうとする。
愚弟「俺もでも他にやることが・・・」
マルメン「逆に聞くが、ニートのお前に他に何をやることがあるのか、具体的に私に教えてくれ!お前のネットゲーの接続は私の光回線だろ!お前が勝手にルーターで広げた月5000円の!!お前のソーテックのノートパソコンも、私のお下がりではないか!そのお前が、何を根拠に私の依頼を断るんだ!」

しかしそこは社会的に問題になっているニート様らしく、他人の脛をかじりながら、さも当然と言わん顔である。まったく、世の中で何が愚かしいって、自らの愚かさに気づかないくらい愚かなことがほかにあるだろうか。色を着けたキースのような形で、彼は私に交渉を迫った。

愚弟「ギャラ。」
マルメン「・・・・」

なるほど、結構!おおいに結構!!
これでニートも卒業と言うわけだ!

マルメン「…私は週で2ページは最低更新したい。それは現状でも可能であるようだ。しかし、先行する各優良サイトのごとく、100ページを超える長編をディレクトリに置く存在になりたい・・
カラーでだ!!


むさまん」「風待ち
のような、高みに行きたい!」
愚弟「フォトショは兄貴くらいは使えるで。」
マルメン「心強い!!原画を4ページあげて見せるから、それ塗れるか?とりあえず塗り絵程度まで仕上げて、あとは再利用目的で別ファイル化し、影つける・・・」
愚弟「塗り絵までにしよう。それでギャラは_?」
マルメン「1ページ500円」
愚弟「安い。」
マルメン「じゃあ1000円」
愚弟「1000円は高すぎるかなぁ」
マルメン「わかんねぇよ!基準が!!」

『M74』のレベルはあがるのか、さがるのか…
それはまだ分からない。
だが、いま一人のニートがフリーターになった。それだけで十分だ。それで行こうじゃないか…




第2回更新しました

cut025.jpg

この試作砲の砲撃シーンだが、盛大に砲煙が噴出すのは現時点では無煙火薬は使用されていないからである。最初だし派手にいこうと思った。

ただ、この砲撃シーンのコマ順番はおかしいように見える。まず砲煙が噴出し、その後砲煙を貫くようにマズルファイアと同時に砲弾射出なのである。
この理由について説明する。この火砲は施条(ライフル)のない滑腔砲(スムース・ボア)なのだが、このタイプの火砲の砲弾は砲身にぴったり張り付くものではない。そして、当時の火砲は砲弾は砲身より一回り小さいサイズで作成されていた。砲口内径と砲弾直径に差があるのである。この砲弾と砲身の隙間をウィンデージという。発射前の砲煙はこのウィンデージから噴出したものである。

火砲とは砲身内で火薬を燃焼させ、その爆発エネルギーによって砲弾を遠くへ飛ばすものである。ウィンデージの存在は爆発エネルギーを逃がすことなり、非効率的に思える。ところが、当時の科学ではウィンデージの存在はむしろ実用的で、経済的なものであると考えられていた。1750年ごろのイギリス砲のウィンデージは5パーセント以上もあるという。(ちなみに日本ではこの隙間を「玉透き」と呼ぶ)

英国人たちの言い分は以下の通り。
「ウィンデージは砲手の持つレードル(火薬すくいスプーン)ぐらいの隙間がいい。隙間があれば砲弾を砲口からゴロゴロと流し込め、実用的である。もしウィンデージが小さければ、砲身内でつっかえた砲弾をどう取り除けば良いのか。不十分な体勢のまま発射するしかなく、そうすれば無駄弾を撃ってしまう。また、発射時に砲弾が砲身に触れて磨耗させたり、変形させたりしてしまうではないか。」

火砲と言うものは、またそれを作成する技術は、当時どれほど未完成なものだったのだろうか。

シュール?ベタ?

cut024.jpg

思った以上に仕上がった背景。(フォトショの力を借りて)
漫画に出す時半分以上カットされる予定なんで悔しい。

自分のお給料が血税から出ていることを考えれば、能力給が導入されることに文句をたれるなんて良くないことだった。考えてみれば論外だったと思う。私は取りも直さず役人であり、与えられた任務は厳粛たる公務に他ならない。
私は憲法に忠誠を誓っている。さもなくばこの仕事につく資格が無い。実際のところ、NEETや年金、低下する学力、ありえないような人権訴訟、責任追及体質などなど、この国は一体どうなってしまうのかと思うようなところがある。だが、それらのツケが最終的に辿りつく場所が「国民」であるならば、私たち役人はそうならないための「お役目」を預かっているのである。そうした重大な使命を担っていることを思うと、9時~5時は燃えるような思いで仕事につくのである。


さて。
思うに、シュールな面白さとベタな面白さが漫画にはあると思うのだが。みなさんどっちが好きでしょうか?
ベタができないとシュールが出来ない。でもシュールをはじめてしまうと、馬鹿馬鹿しくなってベタが描けなくなっちゃうんじゃないかな。

人事院勧告

cut023.gif

キース・ドノヴァン・・・ジパング副社長。
社長にこき使われ、引率の先生までやらされてしまうが、本人はまんざらでも無いらしい。


強く迫るキースのような感じで、人事院で能力給制度が導入されるよう検討が行われているそうだ。基本的には定期昇給だった制度があらたまり、特に優良、優良、良好、不良で年一回の昇給幅が変わってしまう。優良に選ばれてりゃ昇給して良いんだけど、さあどうだろ。

この制度導入の一番痛いところは、能力を判定する物差しを結局「持ち回り制で実務を知らない管理職」が持つことであろう。しっかり仕事してるつもりでも、上司が知らないと分からない。営業成績みたいに数値化はされにくいから、上司に媚びをうってのし上がる、世知辛い職場になってしまいそう。で、もし全員が優秀であったとしても、10人中2人が昇給査定0、あるいはマイナスってこと。これも厳しい感じ。公務と言うのは能力の差が見えにくい。例えば事務手続きなら、一人当たり何件の受付件数をこなしたか、とかが基準になって来る分かりやすさがあるが、かといって福祉の受付件数を闇雲に増やしたりしたら財政圧迫する。年金なんて差し押さえ程度の可愛いもんだが、警察なんかが安易な点数稼ぎに走ったら本当に良くないな。それをしたら違反なのかっていうと、「高速を100km/hで走ったら違反なんだよ!」って強く言われたらもうぐうの音も出ない。

でもまあ、そういう方法に走らないように、フェアであることに留意しながら仕事の質を上げる。ただ単にガムシャラであるよりひとつ上の質の向上を求められてるわけだ。しんどいな、こういうの嫌だな、と思うあたり、私もこの仕事の病理に染まってきたのかもしれない。民間じゃ当たり前なんだけども。そうなると「仕事が人生を良くする」なんて言ってられないのかもしれない。今の状態でやってる仕事を愛しているせいか、これが変質する可能性が怖いのである。

ていうかね、若手だけ残して管理職の首を半分切っちゃおうよ。彼らはくっだらない市会議員の暇つぶしみたいな答弁の原稿作りに一日を費やす。市会議員なんて10万人の市に5人くらいで十分だよ!無能な係長、客とトラブルばっか起こす課長、同期から聞いてるだけでもいっぱいいるんだよね。彼らは私の2人前の給料を貰ってる。切ろう、こいつら。で、もし本当にそうなっても私の仕事は変質しない。これは自信をもって言える。

納得いかないTOPページ

cut022.jpg

とりあえず勝ってよかった、本当に良かった。ジーコジャパン。

第一回更新。
うちのマンガは横長で台詞が横書きで、左から右へ読んでいくんだが、あんまりスタンダードじゃないようだ。そういうわけでとりあえず第1回はガイドから入るように作っておきました。

TOPページも、あれがいけないこれがいけないといろいろ考えてやってたものの、やってみるとこれが思ったように行かずガッカリする。前のほうが良いくらいだな。広告のでかいジオに置く以上、フレーム分割はやらないほうが吉に思えている。でももっと簡単に上手く見せる方法は無いかと考えてる。

『M74:七四式夢想砲』

taitle001.jpg


明日から、『M74:七四式夢想砲』を始めたいと思います。
少年と博士の大砲マンガです。ちょっと小難しいことを書いておきます。

舞台は19世紀アメリカ東部、もっと詳しくすると1874年。『Lucky Strike』の時代が1864年なので、その10年後に当たります。この時代のアメリカは、通称“金ぴか時代”と呼ばれています。
マーク・トウェインの同名の小説にちなみ、キラキラまぶしいけど中身は安価な真鍮、そういう意味です。高邁な理想を掲げながら貪欲な利益追求を行う企業と、それに翻弄される未成熟な社会。低下する民衆の倫理観、腐敗する独占企業と政界。当時の合衆国大統領は南北戦争の英雄ユリシーズ・グラントで、後に最低の大統領と呼ばれる男。そういう時代です。ただしこのことは物語とあまり関係ありません。

作者マルメンライトは手が遅く、物語もゆっくりした展開になりますが、ネームどおりなら徐々に盛り上がってく予定なのでよろしくお願いします。

ソフトバンクは

cut020.gif

悩めるシエスタ。平日の作業量は小一時間くらいしか使えないこともあってこれともうひとコマくらい描いたら終わり。その辺がリアル悩み。

強い。このチームにまだ小久保・井口・村松がいたかと思うと、どれほどの戦力があるのかと恐ろしい。ただそれを抑えてパリーグ首位のロッテにも驚きだが…
ソフトバンク3連戦、ここまで2連敗の阪神が最後の攻めを行っている。今日の先発は福原と言うことで随分期待していたのだが、いったんミソついたピッチャーはシーズンずっとそれを引きずるのだろうか。防御率2点台で6敗するような事態は、おかしいと思う。阪神の野手はきっと福原に思うところがあるに違いない。一人で試合を決めてしまったりするし。
彼は負け運を持ちすぎだ。今日負けたら
ソフトバンク三瀬がフルイニング出場記録更新中・金本の後頭部にデッドボールと言う空前のブーイングが飛び交う中、三瀬からマウンドを受けた佐藤。そして、金本は出場を選ぶ。空前の拍手。この場面で今日ブレーキの今岡が左中間を破る長打を放つ。
続く檜山がやっぱり三振。
続いて矢野も三振。
しっかりせんか!と怒鳴る。
黄金ルーキーも今は昔の鳥谷の打席で、キャッチャー城島が後逸。9対7。ラストバッターにはしたくない。最後の切り札、浜中も控えているのだ。フルカウントからファールで粘ってフォアボール。
さあここで…スペンサー!ありえない気がするが…
ファールフライ、ゲームセット…

タブレットなんと新品交換!

colum02.gif

線画の色を茶色にして、色レイヤーをやや薄く設定したもの。さらに8色GIF。こんな感じになるらしい。ちょっと絵入り便箋みたい。

ワコムさんから小包が届く。中にタブレットが入っていて、お手紙が入っていましたとさ。

「不具合内容」
本体左上の配線付近から発煙があり、すぐにUSBをPCから抜きましたが、以降、接続しても無反応になりました。
「不具合原因」
センサーボードの不良でした。
「処置」
タブレットを新品交換しました。

そりゃ発煙なんておかしいって!!私なんてあの発煙事件以来、発煙ブームが到来して二言目には発煙、発煙。まあそりゃ使いすぎかなってちょっとは思ったけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。