雑記

親愛なる○○に捧げる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚弟と熱狂した妙なTV番組

うちのバナーしょぼいので、こういう感じにしようと思っています。

若手お笑いブームは話題についていくために適当に流し見ている。どいつもこいつも絶対に残らない気がする。

休暇を取ると、昼間のワイドショーでの大阪ローカルタレント(だとおぼしき)の活躍が目につき、面白い。たとえば、東京の人はやしきたかじんが日曜昼や深夜になると、全国級タレントのギャラなどの裏話を言いたい放題言っているのをご存知なのだろうか?たかじんは新地のクラブでママから聞いてきた話をそのまま地上波で流しているらしい。

今日24日、「セパ交流戦」や「恐怖の医学」などくっだらない番組の裏で大阪Bクラスローカルタレントがテレビ大阪でめったにみられないような公開生討論を行っていた。「ヨソ様の事情」である。

司会・・・宮根誠二 桑原征平
出演者・・・北野誠 円広志 和泉修 月亭八光 など

愚弟曰く、
「このメンバーは二度と見られないけど、毎日見れる。」
その通りであったと思う。それ以外だと、阪神タイガース優勝時の特番くらいだ。

とりあえず飛んで回って円広志の「才能限界」の話と、サイキッカー北野誠の「松竹ではオセロとよゐこにコネ作ってある」、それを受けた円の「大阪ではこれから陣内智則とメッセンジャー黒田についていこうと思う」が面白かった。八光は「黒田さんについていこうと思ってる」こいつらどこまで2流根性なんだ!その負け犬トークの面白さが最高で、しかもアナウンサーからオビ番組つきでフリーに転向した宮根を実に微妙にいじってくる。「おは朝」ではいじり役の宮根がギャラや「番組降板の可能性」でいじられてる姿も面白かった。
大阪では「やしきたかじん」「上沼恵美子」がカリスマで、これは周知の事実。ついで「陣内智則」「トミーズ雅」「ハイヒール」「メッセンジャー黒田」「桂南光(べかこ)」、ぷいぷいの「角さん」あたり。しかしそこへ来るほかにもなかなか良いタレントがいて、それぞれが良いポジションで番組を演出してる。次長課長の河本もあったが、「全国であいつを見たかった」仙道のようなタレントがいろいろいます。出演者でも宮根、北野がそうだし、「ケンドーコバヤシ」、「中山弘太」、「南海キャディーズ」なんか全国区でポジションあると思う。

banner-marumenC.gif

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。