雑記

親愛なる○○に捧げる

堅い仕事をやりながら

「小説家になろう」サイトを見ながら、
漫画を描くほど時間はないものの
適切な分量の小説雑記とイラスト一枚くらいの分量で
いつか物語のひとつを作ってみたいと思った。
「なろう」にゴールドラッシュの話ってあるかな。

創作能力が残っているうちに退職する羽目になったら
やってみようと思う。
まあ堅い仕事なので可能性は限りなく低いが。

でもどっちかというと、自身の天性は
エロの方面にあるのではないかともよく思う。
よし、ならば、もしも進退窮まったら、エロ同人CG集を特殊性癖にむけて作ってみよう。

特殊性癖はニッチさと需要のバランスが難しい。
キーワードは「催眠」「孕ませ」でいこうと思う。

そんな私は現在、3人の子供を育てる父親である。
口に糊するために背に腹は替えられないフリをしつつ、
自身の持つ性癖という名の才能を無視できず、黒歴史化することをも問わず
駄文をアップしてしまう。

M74っていう漫画

古い日記とか見ると面白い。なんか青春を振り返るような気持ちになる。
これだけよく残してくれるFC2っていう神運営に感謝したい。
(ブログを借りた当時、XVIDEOSもFC2動画も知らず
 ただただ漫画を描いていた・・・)
現在は、育児に仕事に奮闘しています。上の子・下の子・そんで追加がもう一人できるもんで。
今後も漫画のための時間が取れなさそうです。

なので、「M74」って描いてた漫画の続きを書くこともなさそうですし
なんか忘れる前にプロットだけでも書き残しておきたい欲求に駆られました・・・

いやー、面白いこと考えてたんだな、10年ほど前の僕は。
とか言ってしまったら、またあとでやばいのかな。まあいいや。


・1874年 アメリカの、レッドストーンである
 (実際描いた背景がレッドストーンであるかどうかはどうでもいい)
・11歳の挫折した幹部候補生と、32歳の壊れた天才砲学者(未亡人)
・天才ウイング率いる火砲研究所は砲数理・火薬に長けながら、各国の妨害で鋼材レベルが急低下
・鋼鉄を専門とする幹部候補生シエスタがそれを救う
・ウイング・シエスタのイチャラブをえがきつつ火砲研究所のプロジェクトX的なお話

とミスリードさせて・・・

以下ネタバレ 【“M74っていう漫画”の続きを読む】

いまでも憧れる

漫画を描いていた時は、
自分の頭からひねり出された、きっとまだ誰も思いついていないもの、
自分の手で描いたもの
ということが、ずいぶんと宝物のように感じてました。

いま子どもが、折り紙とかに、
「パパ、ひらがながかけるようになったよ!」
という感じで見せに来るんだけど、
「ぱ」の巻く向きが逆だったり
本当に独創的なひらがなを書いているので、
大事にしまってます。

久しぶりにサイト巡回

家庭も未来も順調ではあり、ただただ趣味に費やす時間だけは失われたが
得るものが大きいのでそれほど喪失感は無いです。

ここは黒歴史化、するかな?子供が大きくなったときに、なぜブラウザに
いつもマルメンサイトがお気に入りに入ってたりすることに
疑問をもたれたりするのかなあ。


とりあえずマルメンサイトのことより、現在は某番号制度対応の仕事がきつく
仕事がきついと崩壊してきて、昔の自分を見直したりしてしまいます。

リンク先の半分くらいはもうありませんが、
活動を継続されているサイトさんを見ると
うれしいもんですね。

最近のこと

お久しぶりです、マルメンライトです。
なんか幸せになって、生存しています。

妻もたまになんか書いてというので(笑)

このブログを気にして見に来てくれる人も
いるかもしれませんし近況とか書きます。

多分、以前の私なら、「お前なんか死ねばいい」、
と公言してるくらいつつましくも幸せで、
平均的で、順風満帆な状況です


2009年の11月に好きな人ができて、結婚して、
一年して今もその人を好きです。
そんでただ好きなだけじゃなく
あれやこれや性的なこととかもしましたので
娘が誕生しています。

いまのところ、どこも悪い所なく健康で、
とても可愛い娘です。わがまま姫で良く泣くし、
テロリストより要求がコロコロ変わるので
対応が大変です。

しかしご機嫌で笑うと「天使」とか「菩薩」という
表現が見事にはまるというか、これって遺伝子的な
ものなのか、強烈な感情で愛おしいです。

私生活はそんな感じです。


一方お仕事は…また重要な仕事をやってます。
本当に世の中を変えていく仕事です。
最終的な目標は、端的に言うと「サマーウォーズ」で垣間見えた
世の中の仕組みを作ることなんだけど。
サマーウォーズの仕組み自体、佐賀県かどっかの韓国人CIOが
さかんに唱えてる仕組みを援用してるけどね。
そこんとこいくと、韓国の仕組みは確かにまあ進んでます。

脱線しましたが、そのための第一歩になりそうな仕事に
この一年取り組んでます。

そんなことでねー。
あとマンガのことなんですけど、ずいぶん離れて
ペンもずいぶん触ってません。

このブログは、いまでもWEBマンガは好きで今も読んでるマルメンが
感想を述べていくようなものにしようかな。
次のページ